トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2022年2月8日オープン!ゲンティンのスカイワールドテーマパーク

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

2022年2月8日オープン!ゲンティンのスカイワールドテーマパーク

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年2月 8日

ゲンティン・ハイランド(Genting Highlands)の屋外テーマパークといえば、日本でいう"昭和レトロ"な雰囲気のテーマパークとして知られていました。
大規模リノベーションされるということで、数年にわたり工事が行われていましたが、ついに2022年2月8日(ソフト)オープンすることがアナウンスされました。

その前日に、メディアやプレス向けの先行公開があったので参加してきました。
今回はそのときの様子をレポートします。

DSC_1000.JPG

最初に感想となりますが、強く印象に残ったのが...
・映えスポットだらけ
・子どもから高齢者まで対応
・チケットはアプリと連動していて、QRコードで完結。売店、レストランなどはキャッシュレス決済

DSC_3168.JPG
・ベビーカー置場、ベンチが多い

DSC_3134.JPG
・授乳&ベビールーム

DSC_3217.JPG

そして、なんといっても涼しい! この日の気温は正午時点で23度。
暑いなかで遊ぶのも楽しいのですが、やはり涼しい方が行動しやすく感じます。

入場方法は、あらかじめダウンロードしたスカイワールド(SkyWorld)のアプリに発券されたチケットのQRコードを読み込ませ同期させます。アトラクションではスマホをかざしてチェックインします。
このアプリでは追加料金なしでアトラクションの乗車時間を予約できる「バーチャルキュー(Virtual Queue)」の利用、テーマパーク内での飲食やショッピングなどの支払い機能、自分が今どこにいるのかが分かるマップ表示など、とても便利です。

園内は9ヵ所のエリアに分かれています。
それぞれのエリアには、エリアのテーマに沿ったアトラクションやフード、ショップなどがいくつかあります。
各エリアのテーマはおおまかに説明すると以下の通りです。


スタジオプラザ(Stadio Plaza) 正面エントランスとショッピング、カフェなどのアーケード
セントラルパーク(Central Park) 都会のビル街と噴水公園
リバティーレーン(Liberty lane) 小さく魅力的な路地のある都会の裏通り
ロボットリベットタウン(Robots Rivet Town) 工場

DSC_3147.JPG
アンドロメダベース(Andromeda Base) 宇宙と近未来
DSC_3154.JPG
アイスエイジ(Ice Age) 雪山
DSC_3198.JPG
リオ(Rio) 色鮮やかなフェスティバル
イーグルマウンテン(Eagle Moutain)ちょっとラフな岩山

DSC_3184.JPG
エピック(Epic) 草木や花などの自然


DSC_3185.JPG

アトラクションだけで21種類、そのほかにも屋内屋外のショーやパフォーマンス、噴水やオブジェがあるミニ公園などが配置されています。
とはいえ、園内はすごく広いという感じではありません。基本は回廊になっているので、まずは一周して雰囲気を楽しんでみるとよいです。
また色使いやキャラクターもどこかマレーシアらしさが感じられます...。

DSC_3226.JPG
フード類はスナックから高級レストランまで幅広く、フードコートもあります。
今回私が訪れたのは、イギリスで有名なフィッシュ&チップスのお店ハリー・ラムスデン(Harry Ramsden)のコッド(鱈/Cod)のコンボ(Combo)で、RM39(約1014円)でした。フィッシュフライ1本とたっぷりのチップス(ポテトフライ)、ドリンクが選べます。
フッシュ&チップスはヘビーなイメージがあるのですが、意外とあっさりしていました。
鱈はほろほろとしてやわらかく、付属のタルタルソースも軽い感じなので食べやすい。
ただしポテトはかなり量がありました。

DSC_3219.JPG

お店の裏の噴水前にイートイン用のテーブルがあります。
シェードがなくても心地よく外出ご飯を食べるのはかなり久しぶりです。

DSC_3204.JPG

冒頭でもお伝えしましたが、絶叫マシンもあるのですが、アスレチックのような自分で体を動かすもの、小さい子ども向けのもの、インドアで楽しむVRシューティングなど本当にさまざまなアトラクションが、ぎっしりと詰まったテーマパークといった印象でした。

そして、いくつか乗ったアトラクションでは高さがあがるものがおすすめです。
眼下にゲンティンの原生林の絶景が見渡せます。
ゲンティンには見晴らしのよいところが多いのですが、ここはまさに頂上からの眺めなので、
アトラクションだけではなくこちらも楽しんでみてはいかがでしょうか。


■ゲンティン・スカイワールド(Genting SkyWorld)
URL:https://www.gentingskyworlds.com/
(撮影by逗子マリナ)
撮影許諾取得済み(soft-opening preview of Genting SkyWorlds)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 2022年2月8日オープン!ゲンティンのスカイワールドテーマパーク

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について