トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > すでにクアラルンプールはクリスマス気分

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

すでにクアラルンプールはクリスマス気分

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2021年11月17日

11月4~5日はヒンドゥ教の祭典ディーパバリ(Deepavali)でした。
以前もお伝えしましたが、マレーシアの三大民族はマレー系(ムスリム)、中華系、インド系です。
2020年3月以降、コロナ禍でそれぞれの祝日をなかなか思うように祝うことができませんでしたが、制限がかかるなかでもディーパバリ(Deepavali)を祝うコーラム(米絵)などが町のなかでも見られました。

IMG_5914.JPG

IMG_5917.JPG

そして翌週、パビリオンKL(Pavilion KL)にはなんとすでにクリスマスのディスプレイが登場していました!
毎年11月の最終週あたりから、クリスマス気分になるのですが、今年は前倒しでひと足先にクリスマス気分になるのですが、今年2021年はちょっと気が早いのでしょうか!?

IMG_5916.JPG


噴水前には毎年この時期は大掛かりな「クリスマス」が再現されます。
有名ブランドとコラボをすることも多いのですが、今年もタイアップしてアーチや大きな雪の結晶がお目見えしました。

IMG_5924.JPG

パビリオンKL(Pavilion KL)内の中央にあるセンターコートはすでに半分以上完成しているクリスマスの世界が広がっています。常夏のクリスマスの始まりが待ち遠しい季節になったことが感じられます。

欧米のようにクリスマスマーケット、また期間限定のポップアップショップなども登場するので、暑いとはいえやはりどこかワクワクしますね。

IMG_5923.JPG

マレーシアでは新型コロナ肺炎をパンデミック(世界的に流行る感染症)ではなくエンデミック(地域内で継続的に起こる感染症)という位置づけにしました。
現在、新規感染者数は5000人台前後となっていますが、ロックダウンは緩和され、社会活動はほぼ正常になっているといった印象です。
有効な長期滞在ビザを持つ外国人の入国が許され、トラベルバブルという名称でランカウイ島(Langkawi Islands)は、条件を満たせば海外からの観光客を受け入れています。

【データ】
■パビリオンKL(Pavilion KL)
・住所: Pavilion KL, 168, Bukit Bintang St, 55100 Kuala Lumpur
・URL: https://www.pavilion-kl.com/
・営業時間: 10:00~22:00

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > すでにクアラルンプールはクリスマス気分

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について