トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > ほぼロックダウンが解除されたマレーシア

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

ほぼロックダウンが解除されたマレーシア

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月 3日

お久しぶりです。逗子マリナです。

マレーシア全体が3回目のフルロックダウン(MCO3.0)されたのが5月。
それからほぼ5ヵ月経った現在、ようやく州境を越える移動が許可されました。
クアラルンプール以外の場所にも移動ができるようになったので、再びマレーシアの情報をお伝えできたらと思います。
よろしくお願いいたします。

DSC_2721.JPG

今までは車で出かけられるのも10kmなど制限がありました。
行動制限令(MCO=Movement Control Order)の間はクアラルンプール市内のみの移動でしたが、久しぶりに遠出をしてゲンティン・ハイランド(Genting Highlands)に日帰りで出かけてきました。

ロックダウン中は交通量が少なかったのですが、現在はかなり交通量が増えている気がします。
また渋滞なども増えて、緩和されてきた印象があります。
タクシー配車アプリのグラブ(Grab)や公共交通機関も利用できるようになりましたが、まだ利用せず自分で車を運転して移動しています。

ゲンティン・ハイランド(Genting Hihjlands)まではおよそ1時間。
マレーシアはまだ観光客の入国ができないため、参拝者、観光客の多くはローカルと思われる人々です。
DSC_2736.JPG

DSC_2710.JPG

この日、クアラルンプールの気温は33度でした。
チンスウィー洞窟寺院(Chin Swee Caves Temple/清水岩廟)付近で雨が降ってきて27度あった気温は一気に19度まで下がりました。
雨が上がったあとはひんやりとして半袖では寒いと感じられるほど。
目の前に広がる熱帯雨林のジャングルにはきれいな虹がでていました。

チンスウィー洞窟寺院(Chin Swee Caves Temple/清水岩廟)の寺院内にはスタバがあることでも知られています。
今までは寺院へ続くエスカレーターの後にストール(屋台)という形で出店していましたが、現在は宿坊があるところに移動しています。

DSC_2703.JPG

店内は伝統工芸などが飾ってあり、また店の外のテラスからは眼下に熱帯の木々が生い茂る絶景が広がっているので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

DSC_2746.JPG

チンスウィー洞窟寺院(Chin Swee Caves Temple/清水岩廟)
・住所: Exit 68, Genting Sempah, Pahang, 28750 Bentong
・開門時間: 9:00~18:00
・URL: https://www.chinswee.org/

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > ほぼロックダウンが解除されたマレーシア

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について