トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > コロナ禍で迎える2度目のイスラム暦の新年ハリラヤ風景

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

コロナ禍で迎える2度目のイスラム暦の新年ハリラヤ風景

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 治安・渡航安全情報 投稿日:2021年5月19日

先週にお伝えした状況から一転、マレーシアは2021年5月12日~6月7日まで全土でロックダウンとなってしまいました。
正確には東マレーシア(サラワク州、サバ州)などは若干条件が異なるようです。

いつもお伝えしていますが、マレーシアのロックダウンは「行動制限令(MCO=Movement Control Order)」と呼ばれています。
まさに行動制限となり、移動距離の制限、州を越える場合は通行許可証が必須、基本的に生活必需品などの買い物以外は外出禁止、一部スポーツの禁止などさまざまな制限がかかります。

そして迎えたのがマレーシアのみならずイスラム教の国々では最も大事なイベントのハリラヤ・アイデルフィトリ(Hari Raya Aidilfitri)。
イスラム暦の新年、つまりお正月です。
昨年に引き続き、今年も家族などが集まって盛大に祝うことはできませんでした。

IMG_2557.jpg

それでも可能な限りお祝いを発信しているのが、いつもこちらでお伝えしているパビリオンKL(Pavilion KL)のデコレーションです。
今年は4月15日~5月23日までとなっています。

IMG_2577.jpg

マレーシアの文化や装飾などをイメージしたもので、ブカプアサバザール(イフタール=断食後の夜の食事)をイメージした屋台なども出ていました。

IMG_2561.jpg

マレーシアのナショナルカラーともいえる緑と黄色がふんだんに使われまた熱帯雨林の自然豊かな大地をイメージしたデコレーションでした。
映えるスポットも多いのですが、冒頭でもお伝えしたように残念ながらホリデー前にロックダウンとなってしまいました。

IMG_2583.jpg

それでもハリラヤの前日に道路脇ではルマン(竹筒で炊いたココナッツミルクのご飯)を売っている屋台を多くみかけて、なんとなく大晦日気分になりました。
(撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止

【データ】
■パビリオンKL(Pavilion KL)
・住所: 168 Jalan Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Malaysia.
・URL: https://www.pavilion-kl.com/
・営業時間: 10:00~22:00

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > コロナ禍で迎える2度目のイスラム暦の新年ハリラヤ風景

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について