トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > テーマパークではないリアルなマラッカのマレー住宅

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

テーマパークではないリアルなマラッカのマレー住宅

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年4月28日

現在マレーシアはイスラム教の重要な行事となるラマダン(Ramadan)となっています。
イスラム暦の新年を迎えるハリラヤ・プアサ(Hari Raya Puasa)まで約1ヵ月続きます。

一般的に断食月と言われていて、この期間ムスリムは日中は飲食ができません。
日没後のイフター(Iftar)から日の出前のスフール(sufur)まで許可されます。
新型コロナ肺炎が広まってからは、錯塩はロックダウンされてしまいましたが、今年2021年はラマダンバザールは朝6時まで開催してもよいことになっています。
ラマダンバザールとは、イフタールのための食べ物や飲み物を販売しているマーケットで、通常のナイトマーケットなどと違って飲食物のみの販売がメインとなります。

IMGP3858.JPG

さて、今回は以前訪れたマラッカ(Melaka)の、ヴィラ・セントーサ(villa Sentosa)を紹介します。
実はここは実際にマレー式住宅に住んでいる人々が町をそのまま博物館にしてしまったエリアです。
正確にはカンポン・モルテン(Kampung Morten)というマラッカ川沿いの地区です。

IMGP3848.JPG

世界遺産の町マラッカも近年はかなり開発が進みつつあって旧市街エリアの周囲には高層ホテルやコンドなども増えています。
その中でテーマーパークのようにも見えるヴィラ・セントーサですが、歩いていると洗濯を干している人、近所の人たちが立ち話をしている姿、開け放した窓からはお茶を飲む家族の姿などが垣間見られます。

1988年にマラッカの指定文化財として保護されることになり、観光スポットになりました。

家々の一部は内部を公開しています。
実際に生活をしているそのままなので、キッチンには鍋があったり、テーブルの上には飲みかけのドリンクが入ったコップが置いてありました。

入場料はありません。
ですが、家の中を見せてくれた方に尋ねると気持ちだけということでしたので、マラッカの観光アトラクションなどの料金より気持ち少なめの金額を寄付金入れとなっている錫の蓋つき鍋の中に入れました。

IMGP3853.JPG

周囲はホームステイ、つまり民泊をやっている一般家庭もあり、散策しているとそのような家が何軒か目に入ってきました。

観光化されつつあるような感じはするのですが、訪れた当時はお土産店などはまったくありませんでした。
ただし普通にホーカー(屋台)やマレーシアご飯の定番ナシレマ(Nasi Lemak)のお店はありました。
そして、よく作り込んだテーマパークのようなのに、どこかそこだけ空間が違うようなのは、基本的に人々の生活の場であるため、町の息吹のようなものが感じられたからではないかと思います。

IMGP3836.JPG

私が見学した家はエアコンがなかったのですが、炎天下の暑い日だったにもかかわらず、風通しがとてもよくむしろ涼しさが感じられました。

マラッカというと世界遺産の町のイメージが定着し、中心となるスタダイスやジョンカー界隈にスポットがあたりがちですが、時間があるようでしたらぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
地域だけでももちろんSNS映えするのですが、なんといっても生活感あふれる博物館の独特な雰囲気からマレーシアを感じてみるのもおすすめです。

※現在は州境を越える移動が許可されていません。こちらの情報は取材時のものとなります。

【データ】
■ヴィラ・セントーサ(villa Sentosa)
・住所: Jalan Kampung Morten, 75300 Malacca City, Malacca
・URL: https://villasentosa.business.site/

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > テーマパークではないリアルなマラッカのマレー住宅

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について