トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > アジアの中でも注目のアジアンテイストなコンカフェ

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

アジアの中でも注目のアジアンテイストなコンカフェ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年4月 7日

東南アジアの国のひとつであるマレーシアで、最近人気なのがアジアンテイスト。
例えば、おみやげやショッピングで有名なセントラル・マーケット(Central Market)に位置するチャイナタウン界隈には古いショップロットの中をリノベして、仕上げている隠れ家カフェが増えています。

IMG_2398.jpg

今回紹介するコン・カフェ(Công Caphe)は、2007年にオープンしたベトナム発祥のカフェチェーンです。
マレーシアでもマーガリンで焙煎したホワイトコーヒー(White Coffee)が有名ですが、同じアジアでもベトナム・コーヒーというと真っ黒で濃厚なコーヒーに甘いコンデンスミルクを入れるのでちょっと異なります。

このカフェの名前の由来は、正式名称であるベトナム社会主義共和国(Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam)の最初の文字である「Cộng」をとったとのこと。

IMG_2390.jpg

商業施設内にあるため、ちょっとおしゃれな空間となっていますが、中に入るとどこかノスタルジックな雰囲気に包まれています。
日本でも昭和レトロな感じが人気だったりしますが、それと似たような感じなのでしょうか。

IMG_2394.jpg

IMG_2388.jpg

今回は普通のノンシュガーのアイスコーヒーを飲んでしまいましたが、マレーシアで飲むブラックのアイスコーヒー、コピオコソン(Kopi-O Kosong)とはまた違った味わい。
以前にベトナムに旅行したときにも飲んだのですが、瞬間的に濃厚な風味が口の中に広がる感じを思い出しました。

IMG_2396.jpg

ところで、こちらのテーブル、なんともともとは足踏みミシン!
実際に踏むと動きます。

ドリンク類だけではなく、ベトナム風サンドイッチのバインミー(bánh mì)なども!
またベトナムのカフェをイメージしたオリジナルカップなども売っていました。

同じアジアでも微妙な色使い違いなど、興味深く店内を見回してしまいますね。
そして現代風なアレンジも加えられた店内で、アジアにいながら、アジアンテイストを再発見。
近隣諸国とはいえ出かけることができない現在、ちょっとした旅行気分を味わいました。

【データ】
■コン・カフェ(Công Caphe)
・住所: Lebuh Bandar Utama, Bandar Utama, 47800 Petaling Jaya, Selangor
・URL: https://www.congcaphe.com.my/webstore/
・営業時間: 10:00~22:00
・定休日: なし

(撮影&撮影許諾by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > アジアの中でも注目のアジアンテイストなコンカフェ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について