トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 州境を越えられなかったチャイニーズニューイヤー

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

州境を越えられなかったチャイニーズニューイヤー

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年2月17日

2021年は2月12日がチャイニーズニューイヤー(Chinese New Year)でした。
その直前の2月10日に、ロックダウンのままではありましたが、一部条件が緩和されました。
飲食店などレストランにおける店内飲食は1テーブルにつきふたりまで、また小売店の多くが厳しい衛生管理を条件に営業再開が認められました。

とはいえ今年は帰省や旅行などの理由で州間移動をすることは禁止でした。
そのため、例年のように近隣都市に住む 中華系の友人たちと会ったり、会食したりすることはできませんでした。
ですが、タクシー配車アプリのGrabのデリバー機能などを使ったギフトの交換は可能です。

IMG_2226.jpg

今回、セランゴール州在住の友人や知り合いなどからギフトをいただきましたが、驚いたのがドリアンの宅配!

ご存知かと思いますがドリアンは美味なのですがとにかく匂いがすごいのです。
そのため外で食べることが多いのですが、なんとそのドリアンをいただきました。
ただ受け取った時点ではまったく匂わないのです。

IMG_2229.jpg

こちらの黒いビニールのような包装からは、まったく匂いがしません。
恐る恐る中を開けてみると......。

IMG_2232.jpg

IMG_2231.jpg

立派なドリアンの果肉とあの独特の香りが一気に室内に広がりました。

以前にもお伝えしたと思いますが、実は新鮮なドリアンは意外と匂いません。
食した後の皮の部分や種などが匂いのもと、とも言われています。

いただいたドリアンは何度か訪れてる店のもので、SS2というエリアにあります。
私が住んでいるのはクアラルンプール市内。
SS2があるのは隣接するセランゴール州となるので出かけることはできません。

IMG_2230.jpg

州をまたいで出かけて直接会うことができないいま、このような気遣いをいただいたことで、ことさら気持ちが染み入りました。
それと同時に、いままでのようにふつうにお店でドリアンを食べられる日がいつかまた来るのかな、とも思ってしまいました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 州境を越えられなかったチャイニーズニューイヤー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について