トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 【新型コロナ関連】クアラルンプールなどが再びロックダウンへ

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

【新型コロナ関連】クアラルンプールなどが再びロックダウンへ

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年1月13日

マレーシアでは2021年1月11日にムヒディン首相からのアナウンスがあり1月13日~26日までロックダウンされることが決定しました。
現在のマレーシアの新規感染者数は2000~3000人前後と多くはないのですが、今回のロックダウンとなる原因のひとつに医療崩壊の危機があげられているようです。

DSC_2060-2.jpg

今回は昨年の3月に発令された「行動制限令(MCO=Movement Control Order)」に近い内容の厳しいロックダウンとなります。
ただし前回との違いはマレーシア全土のロックダウンではなく、感染者数の多い州や連邦直轄領に対して個別に発令されます。

ロックダウン(MCO)となるのは連邦直轄領のクアラルンプール、プトラジャヤ、ラブアンとペナン州、セランゴール州、マラッカ州、ジョホール州、サバ州です。
制限や禁止となるおもな項目は以下のようになっています。

・州間の移動
・結婚式、会議、セミナー、グループスポーツ、宗教的行列
・エリア内であっても半径10kmを越える移動
・日用品の買い出しは一世帯2名まで
・車は1台につき2名まで乗車可能
・レストランなどでの飲食は禁止だがデリバリーやテイクアウトは可

この中で宗教的行列というのは、今年は1月28日に開催されるヒンドゥ教の祭りタイプーサム(Thaipusam)が該当します。
クアラルンプールから出発した行者の行進の最終目的地となるバツー洞窟(Batu Caves)まで歩き毎年100万人ものツーリストが訪れることで知られています。

ロックダウンとなったエリア以外に、ソフトロックダウンとなるのが、パハン州、ペラ州、ネグリスンビラン州、ケダ州、トレンガヌ州、クランタン州となります。
ペルリス州とサラワク州は「経済再生の行動制限令(RMCO=Recovery Movement Control Order)」となります。
ただしロックダウン以外のエリアでも州間移動は禁止されます。

マレーシアの最初のロックダウンは2020年3月18日~5月3日から4つのフェーズに分けて実施され、47日間続きました。この期間は外出は日用品の買い出しであっても半径2km以内、散歩も運動も禁止といった厳しい措置が取られていました。
感染者数を減らすだけでなく医療制度の崩壊を防ぐことも必要となってきます。

発令の噂が先行し、一部のスーパーなどでは行列ができたようですが、パニックバイというほどでもなく現在は粛々と日々の生活を送っているといった印象です。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 【新型コロナ関連】クアラルンプールなどが再びロックダウンへ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について