トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > マレーシア全土で映画館の再開とクアラルンプールの今

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

マレーシア全土で映画館の再開とクアラルンプールの今

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年7月 1日

ロックダウンから経済や社会活動の回復期とされている現在のマレーシア。
感染拡大防止のための衛生管理などを定めた標準運用手順(SOP)を遵守することにより国内旅行やレストランでの飲食が可能となりました。

IMG_4422.JPG

ただし娯楽に関しては、現在もプール、テーマパーク、ナイトクラブやバーなどの営業はいまだに許可されていません。
その中で2020年7月1日(水)から映画館、劇場、ライブパフォーマンスなどが再開されそうです。
特に暑いマレーシアでは涼しくて快適な環境で老若男女が楽しめる映画鑑賞は定番のレジャーとなっています。
新作映画が日本円にして約400〜500円ほどで見られ、大きなショッピングモールには最新設備の整ったシネコンが併設されています。

DSCN2630.JPG

今回の決定を喜ぶ人も多いのですが、やはり気になるのはソーシャルディスタンス。
ただし250人までの人数制限があり、規模の小さい映画館ではさらにそれ以下の人数となるようです。
ただし「完全にコロナウイルスの発生がなくなるまで行くのが怖い」とクラスターの発生を懸念する人もいるようです。

またマレーシアのコンドミニアム(日本でいうマンション)にはホテルのようなプライベートプールが標準設備としてついていることが多いのですが、こちらも7月1日から再開されることとなりました。

どちらも過密な状況を避け、感染拡大を防ぎながらですが、ウイルスと共存しつつ少しずつ元の世界に戻りつつあるようです。

IMG_4453.JPG

週末になると一部のレストランや商業施設などにはたくさん人が戻ってきつつあるようです。
その反面、閉店してしまった店が多い場所も多く以前と町の様子は変わってしまっている部分もあります。

また訪れる場所もオープンエアのショッピングモールなどが安心だというマレーシア人もいます。
私の知人はショッピングモールよりもショップロット(マレーシアの商店街)で買い物をすることが多くなったと話してしました。

先週もお伝えしましたが、マレーシアが渡航制限の解除を希望する国のひとつに日本も含まれています。
現在は有効なビザを持つ外国人しか入国ができず、それにともない検査や手順などもありますが、少しずつ緩和されてきているのを感じます。

(写真撮影by逗子マリナ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > マレーシア全土で映画館の再開とクアラルンプールの今

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について