トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > マレーシアでは、コロナと共存するニューノーマルで社会生活の再開

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

マレーシアでは、コロナと共存するニューノーマルで社会生活の再開

カテゴリー:お知らせ / ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2020年6月24日

新型コロナウイルスによるロックダウンから、新常態へ戻りつつあるマレーシア。
現在は防疫を最大目標にしつつも、社会活動の再開へ舵取りをしつつあります。

現在は回復期のための活動制限令(Recovery Movement Control Order =RMCO)に入り2週間が経ちました。
新たな感染者数よりも回復者数が上回る状態が続いており、死者の数もほぼ増えていません。

とはいえまだ国境は閉鎖されていて、外国人だけではなくマレーシア国民の入国であっても同様に決められた手続きを踏まなければならないといけない状況です。

日本人のマレーシア入国に関する手続きなどはこちら で確認できます。

クアラルンプールの日常生活ですが、見えないウイルスとの共存をしていかなければなりません。

現在のマレーシア生活で便利なのがマイセジャテラ(MySejahtera)というアプリです。
マレーシア国民だけではなく在住者を新型コロナウイルス(Covid-19)をワンストップで管理できます。

名称未設定のデザイン.jpg

バーチャル医療相談や患者の支援、またホットスポット追跡マップでは、自分が現在いる場所や任意の場所がグリーンゾーンかレッドゾーンかをその場で調べることが可能です。
レッドゾーンの表示がでた場合、その地点から半径1kmにおいて過去何日に感染者が出たとの情報が表示されます。
このMySejahteraは、現在マレーシアへ入国する場合、ダウンロードすることが義務付けられています。

また6月19日には保健相から、これからのマレーシアへの入国についての言及がありました。
マレーシアが考えるグリーンゾーンの国(シンガポール、ブルネイ、豪州、ニュージーランド、日本、韓国の
6ヵ国)とSOP(Standard Operating Procedure)が合意するようであれば、ビジネス、教育、観光などの分野で入国許可を出すかもしれないのだそうです。

もちろん互いの国との話し合いや合意などによるものですが、このまま日本もマレーシアも感染者が増えることがなければ行き来が再開するかもしれません。

DSCN2613.JPG

クアラルンプール市内を巡る無料バスのゴーKL(GOKL)もソーシャルディスタンスで乗車人数制限があります。
国内観光が許可されるなか、新しい規則やルールを守りながら、これからもクアラルンプールの情報などをお伝えしていきたいと思います。

また入国などの詳細が発表されましたら、こちらも順次お伝えしていきたいと思います。
(写真撮影by逗子マリナ)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > マレーシアでは、コロナと共存するニューノーマルで社会生活の再開

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について