トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 【新型コロナウイルス関連】マレーシアはラマダンが明けイスラム教徒の祝日ハリラヤへ

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

【新型コロナウイルス関連】マレーシアはラマダンが明けイスラム教徒の祝日ハリラヤへ

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年5月27日

イスラム教徒にとって重要な宗教行事であるラマダン(Ramadan) 。日中は飲食を禁じられていることから断食月とも呼ばれています。2020年5月23日に終了し、現在はラマダン開けの祝日となるハリラヤ・プアサ(Hariraya Puasa)を迎えています。

※すべての掲載写真の撮影時期は2019年以前のハリラヤ期間です。

IMG_8353.JPG

いつもとは異なるラマダンそしてハリラヤの風景

通常であればイスラム教において聖なる色とされる黄色や緑があふれ、もち米を椰子の葉で包んだカトゥパ(Ketupat)草花など、ハリラヤにちなんだ装飾が町にあふれる期間となっています。
残念ながら2020年は緩和されたとはいえマレーシアのロックダウンである条件付き活動制限令(Conditional Moving Control Order)のもと、限られた形でのお祝いを行う形となっています。

帰省やオープンハウスといった恒例行事は、州間移動が許可されていないエリアが多く、家に集まるのは20人(オープンハウス)までの制限などもあるためほぼ禁止、といった状況となっています。

それでも国営ニュース通信の報道によると、帰省できないことによりビデオ通話などでハリラヤを祝う人が増加したとのことでした。

こちら テクノロジーにあまり詳しくない世代でも、遠く離れた子どもにビデオ通話を試みたことによる驚きと喜びが伝わってくる記事となっています。

IMG_0240.JPG

祝賀ムードが少なめのクアラルンプール

現在は取材はしておらず必要のある外出しかしていないため、はっきりとは掌握していないのですが、ショッピングモールや町なかでも装飾などは少なく感じられました。なかにはロックダウン直前のイベントの片付けも途中のままのイベントスペースがあったりと、本当に急な決定だったことを改めて感じました。

スーパーなどではハリラヤ用にオープンハウスなどで配るお菓子(特設コーナーに積み上げられている)や、お菓子や飲み物などをギフトにしたハンパー(Hamper)なども少なめ。そしてラマダンバザールも今年は中止でした。

それでも店内BGMなどはハリラヤバージョンになっていたり、ところどころにハリラヤの小さな飾りがあったりと、できる範囲で可能な限りのハリラヤを祝う印象を受けました。

IMG_4263.JPG

人が集まる社会生活の再開に向けて

経済活動の再開は始まりつつありますが、映画館や劇場、学校など、密集が避けられない施設の社会活動再開についてはいまだに再開されていません。

マレーシアの新たな感染者数は緩和された活動制限令となった今も毎日20〜60人ほどで推移しています。あと2週間ほどで完全に解除されるのかどうか、まだまだ日々油断はできない感じがします。

(写真撮影by逗子マリナ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 【新型コロナウイルス関連】マレーシアはラマダンが明けイスラム教徒の祝日ハリラヤへ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について