トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 【新型コロナウイルス関連】二度目のロックダウン延長となったマレーシア

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

【新型コロナウイルス関連】二度目のロックダウン延長となったマレーシア

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年4月15日

当初2020年3月18〜31日までの2週間とされた活動制限令(Moving Control Order=MCO)。
さらに4月1〜14日までの2週間延長が決定し、フェイズ2(Phase 2)に入りました。

4週間のロックダウン終了を間近に控えた4月10日の午後4時にムヒディン首相から、4月15〜28日まで2度目の延長がアナウンスされました。

DSCN2463.JPGのサムネイル画像

http://www.moh.gov.my/index.php/pages/view/2019-ncov-wuhan

保健省によると4月13日現在のマレーシアの感染者数は4817名、死亡者数は77名となっています。

https://www.bernama.com/en/infographics/index.php?v=6289

上のリンクはマレーシア政府の報道となっています。マレーシアでの1日の陽性患者数の推移は1日あたり100〜200名となっていますが、現在までに入院数よりも退院数が上回る日もあり、4週間に渡るロックダウンが功を奏しているといった見解もあるようです。

ただしその間に厳しい措置もとられました。強化した活動制限令(Enhanced Moving Control Order=EMCO)の発動です。
3月27日にジョホール州(Johor)のシンパンレンガム(Simpang Renggam)でクラスターが発生し、マレーシア国内初のEMCOの措置となりました。

建物やエリアごとを完全封鎖する厳しい措置で、エリア内、あるいは建物内の住民は完全に外出禁止、政府による食料供給、医療拠点の設置、近隣エリアの道路封鎖などとなっています。

https://www.malaymail.com/news/malaysia/2020/04/11/covid-19-rise-in-number-of-new-cases-in-emco-areas-says-health-d-g/1855764

保健省によると4月11日現在で183ヵ所がEMCOの対象となっているとのことです。

イスラム暦では4月23日前後からラマダンが始まります。マレーシアでは2020年の今年はすでにラマダンバザール、特別礼拝の禁止のアナウンスもありました。
これは国民の7割を占めるムスリムにとっては非常に影響のあることですが、何よりも犠牲を払ってまで感染拡大を抑え込む、ということに集中しているといった状況です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 【新型コロナウイルス関連】二度目のロックダウン延長となったマレーシア

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について