トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 光の祭典パビリオンKLのディーパバリの風景

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

光の祭典パビリオンKLのディーパバリの風景

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年10月23日

マレーシアの三大民族はマレー系、中華系、インド系。
民族ごとに日本でいうお正月のようなイベントがあり、祝日となります。
そのためマレーシアには一年に3回お正月があるといわれています。

DSCN1853.jpg

2019年3回目となるお正月はインド系住民の中でもヒンドゥ教の祭典ディーパバリ(Deepavali)。

今年は10月26日(土)となり、クアラルンプールの街にも色あざやかな装飾を見かけるようになりました。
別名「光の祭典」「光のフェスティバル」とも呼ばれるだけあって、原色カラーと光のコンビネーションの素晴らしさに目を奪われます。

DSCN1842-2.jpg

イベントごとの装飾やデコレーションでおなじみの商業施設パビリオン KL(Pavilion KL)。
通常イベントの際は多くのテナントが周囲を取り囲む建物内の大きな吹き抜けのセンター・コート(Centre Court)が使われるのですが、今回は正面エントランスにある、アイコンともいえる噴水が中心となっています。

DSCN1848-2.jpg

各種イベントなども行われており、インド伝統的な衣装に身を包んだ人々が、踊る姿はボリウッド映画のようです。
日中も華やかな雰囲気なのですが、やはりイルミネーションに灯りがともる夕方から夜が特に美しさが映えます。

DSCN1816.jpg

日本人を含め外国人が多く在住するエリアとして知られるモント・キアラ(Mont Kiara)。
今年オープンした話題の商業施設163リテイル・パーク(163 Retail Park)でも伝統的な手法で描かれたコーラム(kolam=米粒に色をつけて描かれた絵で砂絵のように見える)が。描かれているのはクジャクで、ヒンドゥ教では神聖な生き物とされています。

この時期にマレーシアを訪れるなら、ショッピングモールなどのイベントスペースなどに注目してみてはいかがでしょうか。
色あざやかでSNS映えすすこと必須です。

また夜にはあちこちから花火が打ち上がります。
光の祭典とともにお楽しみください。

(全ての写真by逗子マリナ)


【マレーシアの生活や観光情報などの発信を始めました!】
malaysia_zushiMrina.pngのサムネイル画像

逗子マリナの観光&生活 IN マレーシア

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 光の祭典パビリオンKLのディーパバリの風景

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について