トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 日本人スパイが実在した!?まるで映画のようなイポーの旧市街

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

日本人スパイが実在した!?まるで映画のようなイポーの旧市街

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年7月10日

クアラルンプールから北へ約200kmに位置するイポー(Ipoh)。
石灰岩の奇岩に囲まれた独特な風景と華人が多く住む美食の街としても知られています。
車では高速経由で約2時間半、電車ではターミナルのKLセントラル(KL Sentral)駅からイポー駅まではマレー鉄道の高速鉄道で約2時間半ほどのアクセスとなっています。

001.JPG

DSC_0067.JPG

イポー駅から徒歩5分の旧市街に見所が集中しているので、日帰り観光にも最適です。
旧市街で目を引くのがイギリス統治時代の歴史的建築群。
公会堂、裁判所、銀行など、白を基調とした白亜の建物が今もなお保存されています。

街に溶け込むイポーのウォールアート散策

P1310100.JPG

イポー散策の記事でもお伝えしたバーチ・メモリアル・クロック(Birch Memorial Clock)の階段を下ってまっすぐ歩くと、旧市街の中心で観光スポットとして有名な「お妾さん通り(Concubine Lane)」へと続いています。周辺はイポー・ヘリテージ・トレイル(Heritage Trail)と呼ばれ、歴史散策にぴったり。

DSC_0337.JPG

その途中に小さな路地(Panglima Lane)大通り(Jalan Sultan Yusof)が交差する角に、現在は空きテナントとなっているショップハウスがあります(2年前はカフェとして営業していました)

この場所には第二次世界大戦前にミカサ・フォト・スタジオ(Mikasa Photo Studio)という屋号の写真館があったとされています。
そして真偽のほどは定かではありませんが、なんと写真館の日本人店主がスパイだったのでは?と言われています。

写真家としてマレーシアに滞在しているので、カメラで各地を撮影をしていても怪しまれることもなかったとのこと。

興味をひかれてその場所を訪ねようと調べたのですが、なかなか通りの名前や番地がはっきりせず。
そこで近くで昔から店を営んでいたと思(おぼ)しき方にお聞きしたところ......。

「ジャパニーズ・スパイ・ハウス」と呼ばれていて、イポーでは有名だったとのことです。
ローカルの人々にとっても意外にもよく知られた話のようでした。
ただしお店に方も、先代を遡る話のため、さすがに詳しいことはわからないとのことでした。

DSC_0338.JPG

当時の面影を残すショップハウスが今もなお現存しているという事実。
そして、なんとも謎めいた混沌とした1900年代前半のアジアの時代背景なども考えると、映画になりそうなミステリアスな話ですね。


【データ】
イポー(Ipoh)市オフォシャルサイト
URL:http://www.mbi.gov.my/en

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > 日本人スパイが実在した!?まるで映画のようなイポーの旧市街

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について