トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > スーパーで見つけたおしゃれな紙製コーヒー・ブリューワー

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

スーパーで見つけたおしゃれな紙製コーヒー・ブリューワー

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2019年3月13日

マレーシスタイルのコーヒーといえばコピ(Kopi)。
普通に注文すると練乳たっぷりで、ガッツリ甘い系のコーヒーがでてきます。
ブラックで注文する場合はコピ・オー・コソン(Kopi o Kosong)と伝えます。

IMG_0906.JPG

ただしマレーシアのコピ用のコーヒー豆はイポーコーヒーに代表されるようにマーガリンで炒ってあり、ブラックコーヒーでも風味がちょっと異なります。
ちなみにマレーシアではブラックコーヒーのことをロング・ブラック(Long Black)と呼ぶことも多いようです。
以前オーストラリアに在住していた時はブラックコーヒーはこのように呼ばれていました。

IMG_9892.JPG

IMG_9893.JPG

先日、輸入食品なども扱うスーパーのベンズ・インディペンデント・グローサー(B.I.G)で、ちょっと珍しいコーヒー・ブリューワー(coffee brewer)RM13(約357円)を見つけさっそく購入してみました。
売り場で陳列されている時に「」と漢字が書いてあるものもあったので、ローカルの新商品と思っていたのですが、デンマーク発とのことでした。

IMG_001.JPG

紅茶用もあるようなので、コーヒー2種、紅茶1種の計3種類買ってみました。

IMG_9993.JPG

IMG_9994.JPG

使い方は簡単でイラストを見ながらだとパウチのトップ部分を開いて沸騰したお湯を注ぐだけでした。
ポアオーバーの風味がでる、と書いてあるので期待!
このパウチに入っているのはエチオピア産シングルエステート(単一農園)のコーヒー豆なのだそうです。
目盛りに沿ってお湯の加減がわかります。1度で150m×2杯分抽出が可能。

IMG_0057.JPG

IMG_0058.JPG

飲んでみるとやや酸味のある味で、風味もたっています。
というか、抽出よりもコーヒー豆そのものがよいような......。
コーヒー・ブリューワーは洗って何度か使えるとのことでした。

マレーシアのスーパーは、世界中から食が集まってくるので、ついつい色々試してみたくなります。
最近はローカルがおしゃれなパッケージングでローカルスナックなどを発売しているので、お土産ショッピングの際はぜひチェックしてみてくださいね。

IMG_0061.JPG


コーヒー・ブリューワー(coffee brewer)
URL:https://en.the-coffeebrewer.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > スーパーで見つけたおしゃれな紙製コーヒー・ブリューワー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について