トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > MRTの全線開通でアクセス便利になったマレーシア国立博物館

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員ブログ

MRTの全線開通でアクセス便利になったマレーシア国立博物館

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2017年8月16日

IMGP2411.jpg

2017年に全線開通したMRT(Mass Rapid Transit=大量高速輸送)のスンガイ・ブロー・カジャン線(Sungai Buloh-Kajan line)。
クアラルンプール南部の街カジャン(Kajan)から北部郊外のスンガイ・ブロー(Sungai Buloh)まで51kmを結んでいます。

IMGP2414.jpg

モノレールやLRT(高架鉄道)など、交通インフラの整備が進むクアラルンプールですが、今回は郊外だけではなく、今まで微妙にアクセスが悪かった市内観光ポイントへダイレクトに行けるようになりました。一部は地下駅となっています。

IMGP2416.jpg

例えばマレーシア国立博物館(Muzium Negara/The National Museum of Malaysia)は、それまでは最寄りの駅はKLセントラル(KL Sentral)で、徒歩で15分ほどかかりました。
今回のMRTの開通に伴い、ミュージアム・ネガラ駅(Muzium Negara)ができたため、ブキッ・ビンタン(Bukit Bingtang)からも直通で3駅。
改札を出て階段をあがると目の前にマレーシア国立博物館というロケーションで今までとは比べものにならないほどアクセスがよくなりました。

IMGP2422.jpg

周囲に近代的な高層ビルやホテルなどが建つ中に、マレーシアのスルタンの宮殿を思わせるような伝統的な建物が目を引きます。

IMG_6473.jpg

入館料はマレーシア国民以外(外国人)はRM5(約125円)。
マレーシアではこのように国民(MyKadを所持している国民)以外の施設料金が違います。
館内は撮影禁止なので注意してください。

IMGP2423.jpg

展示エリアは「古代」「マラッカ王国時代」「植民地統治時代」「マレーシアの今」の4つに分かれています。展示物、ビデオ、ジオラマなどを使い多角的にマレーシアの歴史を知ることができます。

IMGP2426.jpg

出口はちょうど裏側になっていて、カフェなどがあります。

IMG_6466.jpg

帰路もMRTの場合は、出口を出て博物館に沿って歩き右に曲がるとすぐにミュージアム・ネガラ駅の入り口になります。

スンガイ・ブロー・カジャン線の開通でアクセスがよくなったのは以下のような施設や場所です。
バンダー・ウタマ(Bander Utama)駅
・マレーシア最大のショッピングモール「ワンウタマ(1 Utama)」
パサール・セニ(Pasar Seni)駅
・ショッピングやみやげ物屋が集まるセントラル・マーケット(Central Market)

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員の逗子 マリナが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/クアラルンプール特派員
名前:逗子 マリナ

逗子 マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

クアラルンプール特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

クアラルンプールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クアラルンプール特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > クアラルンプール特派員 > MRTの全線開通でアクセス便利になったマレーシア国立博物館

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について