トップ > 日本 > 桐生・群馬特派員 > 鳩の湯温泉 三鳩楼 吾妻郡東吾妻町

日本国内日本国内/桐生・群馬特派員ブログ

鳩の湯温泉 三鳩楼 吾妻郡東吾妻町

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2020年1月 6日

明けましておめでとうございます。
旧年中はたいへんお世話になりました。
本年も変わらぬご愛顧をどうぞ宜しくお願いします。


今年最初の投稿は、300年の歴史を持つ奥上州の隠れ宿で、浅間隠温泉郷のひとつである鳩の湯温泉 三鳩楼です。


その昔、鳩が湧き出る湯で傷を癒していたことから鳩の湯と名付けられ、寛政年間より湯治宿として親しまれてきました。


そして驚くべきは、300年以上も経過してきたのに、今でも約42度の源泉が、昔と変わらず沸き続けている事だと主人は話してくれた。


撮影桐生特派員加藤(承諾済)
4E7DE3B1-5950-40CB-A8A7-A9562DDD36DB.jpeg
浅間隠温泉郷への道標


34FB8777-16FD-49B7-AD87-652C04057708.jpeg
お正月なので門松が飾ってありました。
それと、レトロな郵便ポストが出迎えてくれます。


C7625618-90AE-4AAD-9D7B-991069C44788.jpeg
宿の玄関です。


8A18EFE9-D592-45A1-9532-A02542374B12.jpeg
このキャッチフレーズがいい!


4F50EB08-3C6F-4643-848F-2859D4E20DB5.jpeg
ホールの歴史を感じる風景


D13B88BF-EF0C-4930-83EF-1078075A6CB7.jpeg
1691E8D1-3620-4E59-A30B-D00BBBF2FC25.jpeg
客室は味わいのある木と漆喰壁の部屋。
歴史の香りと温もりを感じる!


E62E146A-8E6B-470C-A913-F49E3B8D98C4.jpeg
障子紙がパリッとしていて気持ちいい!


685B5635-73E8-418D-B39E-029A1F48F2F2.jpeg
9EB52454-9E84-45DB-9406-EE00FE02592A.jpeg
お風呂に向かう廊下はこんな感じ〜


F2E2402D-5344-40C9-8559-211FC1F47842.jpeg
途中にある洒落た窓と掛け軸


9FD3B73A-3A9C-4B3E-91E7-23F52C7C5EC5.jpeg
男子露天風呂


0B1438BC-2EBF-4790-A182-F2EF326DF68E.jpeg
さぁ〜ひと風呂浴びてきますネェ〜


F3BE705E-6936-4E0B-841E-BEF09140C02C.jpeg
内湯の風呂は、檜の板で蓋がしてあります。
これは、江戸時代(寛保年間1741年)より温泉効果・檜の効果を大切に、現代まで伝えてきた歴史ある習慣だそうです。
きっと江戸時代の武士達も、檜の蓋を開け閉めして入っていたのだろうネェ〜。


2384B55A-60BF-4A7A-9CA4-ACE9EF6EE19D.jpeg
いい湯だなぁ〜ハハハン♪
色も温度もいいじゃなぁい〜
何度も出たり入ったりしてポッカポカになっちゃいました。


FEAE5033-100A-4374-94E3-5EFFE2D11B9D.jpeg
効能 痔疾・神経痛に特に効く
   又胃腸病・婦人病・その他冷えによる病
泉質 炭酸泉で天候により透明、不透明に変わる。


11675EB4-41E8-4170-BC15-8E17D8842C2F.jpeg
夜遅くに入っていたら、宿のご主人と一緒になり色々な話をしました。
昔は、混浴で今の湯船とは違う場所にあったそうだとか。
300年前と源泉温度が変わっていなくて、自身も驚き感謝しているなど。
それと私ごとになるけれど、何十年も前から鳩の湯を知っていたという話。
高校生だった私にバイト先のマスターは、「加藤〜鳩の湯へ連れて行こうか?」って誘ってくれましたが、あいにく学校があり行けませんでした。
そんな記憶をずっと忘れていたのですが、正月にのんびり出来る宿はないかと探していたらあったのです。
「鳩の湯三鳩楼」あっ、これだと即予約しました。
親父のようだったマスターはもうこの世にはいませんが、この湯に浸かって思い出していますと.....
走馬燈のように青春期が回ります。
あぁ〜なんか、心まであったまってきました。


B57122EC-6A22-4FC9-AF9A-7A7A76AC48FB.jpeg
さぁ〜これからは夕飯の写真です。
素朴ですが手作り感満載の料理の数々。和テイストの優しい味がうれしいです。


65135833-67A4-4587-9904-F0E485A94238.jpeg
D36E56AE-514E-49DF-AB3F-F9AD24E0B264.jpeg
E5556E5C-4E5C-47E7-8C5E-7C6D60E70911.jpeg
CB53EC38-8DDE-4AD6-9874-1B5AEFEA4E11.jpeg
このけんちん汁は最高!
アッアツで根菜たっぷりのおふくろの味。ほんとは、おかわりしたかったけど、そんなのないヨネェ〜。


30517727-A90A-4047-973F-635F7263B037.jpeg
帳場の脇にある年季の入った柱時計!


C871510D-FDBD-4396-B9C5-DFD36B15FE3F.jpeg
源泉掛け流し!


26D97E6D-7DA5-4423-9A9F-C4027860A121.jpeg
ごはんがおいしい〜。艶々のピッカピカ〜。
通常は、お茶碗半分なのにこの日の朝ごはんは、3杯おかわりしました!


78BEF746-2BD6-4DCB-94DD-9E6C1BD2F296.jpeg
B41FD418-7D42-45C0-B428-4989DC81D2C4.jpeg
6845A8E1-7C7A-412D-8FCD-E9B21FB80D27.jpeg
あぁ〜良かったぁ〜。心も体も癒されました。
長閑で鄙びて「ボケ〜ッと」休めるひととき。せわしい現実から偶には逃避。
いいヨ! みなさんも是非来てネ。
それではご機嫌よう♪


■鳩の湯温泉 三鳩楼(Sankyuro)
住所 〒377-0933 群馬県吾妻郡東吾妻町大字本宿3314
TEL 0279-69-2421


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤良夫

日本国内・桐生・群馬特派員の加藤良夫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/桐生・群馬特派員
名前:加藤良夫

加藤良夫

飲食店経営30年、人生のほとんどを食の世界で過ごしてきました。そんな私が生まれ育った桐生、その広域のレストラン・風景・観光などを発信していこうと思います。どうぞ宜しくお願いします。 DISQUS ID @disqus_CMlbdvbDG8

桐生・群馬特派員トップにもどる


群馬県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

桐生・群馬特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 桐生・群馬特派員 > 鳩の湯温泉 三鳩楼 吾妻郡東吾妻町

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について