トップ > 日本 > 桐生・群馬特派員 > 旧井上房一郎邸!高崎

日本国内日本国内/桐生・群馬特派員ブログ

旧井上房一郎邸!高崎

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年6月14日

おはようございます。桐生特派員の加藤です!
今日ご紹介するのは、旧井上房一郎邸です。
少し前の写真になりますが、素晴らしい建造物に酔いしれました。


日本のモダニズム建築に影響を与えた
レーモンド自邸の貴重な写し住宅


ブルーノ・タウトを招き、群馬交響楽団の創設に力を尽くすなど、文化活動に大きな足跡を残した高崎市出身の実業家、井上房一郎氏(1898-1993年)が1952年、高崎市美術館の裏手に自邸として建てた平屋住宅です。
現在は、「高崎哲学堂」として市民の貴重な交流・活動の場となっています。
親交のあったチェコ生まれの建築家、アントニン・レーモンド(※)が東京・麻布に建てた住宅に強く感銘を受けた井上氏が、レーモンドから許しを得て実測。それを基に焼失した自邸を再建しました。原設計レーモンド、実施設計井上とも言うべき、両者の建築的な意図と表現が美しく融合した住宅です。


設計者の住まいを体感できる
貴重な空間


麻布のレーモンド邸は、住居と事務所から構成されましたが、井上邸は住居のみで構成されています。パティオと居間、台所の位置関係も東西を逆転しています。また夫人のために新たに畳の部屋を設けています。
プールのあった庭も竹と石灯篭の和風庭園に、「靴ばき」だった生活様式も絨毯を敷いての和式に変えています。
しかし、柱筋が外壁からずらされた平面計画や、柱や垂木を二つ割りの丸太で挟み込む「鋏み状トラス」を用いた構法など、井上邸はレーモンドの住宅建築の特徴が随所に表されており、設計者の住まいを体験できる貴重な空間となっています。


骨太の空間構成で内と外の空間を一体化。
家具も夫人がデザイン


井上邸は、石畳のアプローチから玄関に入ると、ガラス戸越しにパーゴラのあるパティオを通して庭が臨め、家全体の奥行きと開放感が一体となって伝わってきます。居間には北側の高窓から光が差し込み、南面の障子とガラス戸を開け放つことで、居間から庭へと内部-外部の空間が連なり、開放的なサロンとなっています。
空間は「鋏み状トラス」と小屋裏がそれぞれ直接露出するあらわしで構成され、コンクリート床、居間中央の鉄板製暖炉、露出のダクトと全体に力強い印象を形作っています。
居間にある椅子は、ハウス・ウェグナーのYチェア。暖炉、カウンターなどは、夫人のノエミ・レーモンドがデザインしています。


(※)アントニン・レーモンド(Antonin Raymond) フランク・ロイド・ライトのもとで学び、ライトが帝国ホテルの建設の際に来日。その後日本に留まり、モダニズム建築の作品を多く残し、日本の建築家に大きな影響を与えた。主な作品に、東京女子大学総合計画(東京・杉並区、1921年)、霊南坂の家(東京・港区、1923年)、夏の家(長野・軽井沢町、1933年/移築後ペイネ美術館)、群馬音楽センター(群馬・高崎市、1958年)など。
参照元URLhttps://www2.panasonic.biz/ls/solution/sumaihabunka/archive/2008_1017/index.html


撮影桐生特派員加藤
B145B541-9A51-4C22-B8E9-828A2F142751.jpeg
20E71083-91C8-4801-BFB1-9FAA6DB87ECB.jpeg
5584D834-9701-4C83-85E2-DA9B73646FE1.jpeg
46FB3B5A-1B3A-424C-97EF-8010FA25F96A.jpeg
ECAD1DB4-5AAD-45C1-87D0-69AB6760CCEB.jpeg
6CD7AE92-4B10-457D-BF5B-0FC4D466ED49.jpeg
ADE75D4E-CF31-4D22-8084-71F7D19194ED.jpeg
DF6398D9-723D-4702-85AD-9C87AE2BFF59.jpeg
EF4E8919-2D24-4665-A53E-F4278A679B30.jpeg
6BDBCF65-B682-4479-B260-BC3F89AA6475.jpeg
5D0A5572-3510-4EDF-999E-C41B3600A835.jpeg
35C96FFB-AB71-43AC-8E7C-E4636CB7E575.jpeg
0232B930-9374-493E-A80B-46AC93153E2B.jpeg
7B2E6201-7D8A-4C74-BE8D-884034F66795.jpeg
どうでしたか?良かったですヨォ〜
みなさんも是非出かけて下さいネ!
それではご機嫌よう♪


旧井上房一郎邸
住所 〒370-0849 群馬県高崎市八島町82-1


観覧料
旧井上房一郎邸の観覧料は美術館観覧料に含まれます。


開館時間
3月~11月:午前10時から午後6時まで(入館は閉館30分前まで)
12月~2月:午前10時から午後5時まで(同上)
※金曜日の夜間開館は実施しておりません。


休館日
高崎市美術館に準ずる。
月曜日(祝日は開館し翌日休館)、祝日の翌日、展示替期間、年末年始(12月28日から1月4日まで)
※イベントなどのため臨時休館することもあります。同邸は、展示会目的などの一般貸し出しはありません。


2019年度の展示替休館期日
2019年4月1日(月曜)~4月13日(土曜)、6月24日(月曜)~7月12日(金曜)、9月2日(月曜)~9月13日(金曜)、11月25日(月曜)~12月6日(金曜)
2020年1月20日(月曜)~1月31日(金曜)、3月30日(月曜)~31日(火曜)
※変更になる場合がございますので、美術館にお問い合わせください。


問い合わせ
高崎市美術館
電話:027-324-6125

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤良夫

日本国内・桐生・群馬特派員の加藤良夫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/桐生・群馬特派員
名前:加藤良夫

加藤良夫

飲食店経営30年、人生のほとんどを食の世界で過ごしてきました。そんな私が生まれ育った桐生、その広域のレストラン・風景・観光などを発信していこうと思います。どうぞ宜しくお願いします。 DISQUS ID @disqus_CMlbdvbDG8

桐生・群馬特派員トップにもどる


群馬県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

桐生・群馬特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 桐生・群馬特派員 > 旧井上房一郎邸!高崎

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について