トップ > 中南米 > ジャマイカ > キングストン特派員 > VOICEMAIL オニールのお葬式。

ジャマイカジャマイカ/キングストン特派員ブログ

VOICEMAIL オニールのお葬式。

カテゴリー: 投稿日:2010年6月 7日

日本にも2006年に来日した3人組ダンスホールアーティスト”VOICEMAIL" のオニールが朝方自宅の近所でガンショットにあい、病院で生死をさまよいながらも他界。

そんな彼のナインナイトに行ってきた。

本当は前日が彼が他界してから9日目の夜だったのですが、夜の行動を控えるように規制されてるキングストン。


屋外で行われる予定だったその日はキャンセルになり、次の日 ”クラウンホテル”という ヨーロピアンな2階建てホテルの2階で行われた。

食べ物(KFC,カレーチキンなど)やお酒がふるまわれる会場はオニールに会いに来たといわれる感じの友達やファンがたくさんきて、終始笑顔ですごす。


(VOICEMAIL メンバーのクレイグ)

(会場にACがなく、暑いため結局1階のエントランスの外にたまっている人が多かったですが。

オニールのTシャツ、バッヂなどつけてる人達も。



次の日:お葬式 当日

眺めのいい教会にあつまったドレスアップした人々。

スピーチに熱くなり、 座っていた人も立つように言われ、隣の人と言葉をかわし、みんなで「あしたは新しい日だ〜♪」と繰り返し、初クリスチャンのお葬式を体験。


そして たくさんの交友関係があるオニールのアーティスト友達がステージにあがりマイクを持ち、オニールの幼少時代からの写真がスクリーンに映し出される中「毎日神様を讃えるよ〜」と大熱唱。


そこで、オニールの棺が運び出され墓地に移動。



墓地に移動する車が数十台も連なり30分ほどドライブ。


棺をお墓に埋め、コンクリートが運び込まれる。


ビーニマンの


「彼はエンターテイナーでバッドマンでもなんでもないのになんで殺されなきゃいけないんだ」


の声に泣く人もいた。

そして土がかぶされ 植物を植え、まだできていないオニールの墓石でない木に名前がかかれたボードを確認してその場を去った。


どんな会場でも彼ら3人のバイブスで盛り上げることのできる彼ら3人がそろったショーを見れないけど、彼の残してくれた曲は永遠に生きる。

3人の中で夜の営業活動(できたての曲をストリートダンスなどにCDを届け、かけてもらうようお願いする)担当でもあったオニール。

なにげに私の誕生日当日にジャマイカで2年(2回)「お誕生日おめでとう」を言ってくれてるオニール。

Life goes on....

DanceFever fowever!!!!!!

ご冥福をお祈りします。

(本日 個人的な感想が多くてすみません)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

OKAMAI

ジャマイカ・キングストン特派員のOKAMAIが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ジャマイカジャマイカ/キングストン特派員
名前:OKAMAI

OKAMAI

今までに49ヵ国を旅し、『世界の危ない歩き方』(彩図社)などを出版。レゲエ好き。キングストン在住。フリーのライター・コーディネーターで幅広い交友関係の持ち主。タレントのMEGUMIとのフリーマガジン「FREMAGA」を発刊しながら、ジャマイカ在住もうすぐ5年。“JJ Goodies”という会社もジャマイカに作ってみました。 DISQUS ID @disqus_AdVotlqDVE

キングストン特派員トップにもどる

キングストンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

キングストン特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ジャマイカ > キングストン特派員 > VOICEMAIL オニールのお葬式。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について