トップ > ヨーロッパ > ポーランド > カトビッツェ特派員 > はじめまして/カトビッツェからアウシュヴィッツの今を発信

ポーランドポーランド/カトビッツェ特派員ブログ

はじめまして/カトビッツェからアウシュヴィッツの今を発信

カテゴリー:お知らせ / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年3月20日

はじめまして、ポーランドを代表するシロンスク県の工業都市"カトビッツェ"Web特派員として新たに担当させていただきます、ポーランドの数学者です。

カトビッツェといえば、炭田や鉛などの採掘が盛んな工業都市として有名ですが、近隣には第二次世界大戦中のナチス・ドイツが建設した強制収容所「アウシュヴィッツ」があります。初回は、ポーランドの代表的な負の世界遺産「アウシュヴィッツ」について、私独自の視点から紹介したいと思います。

ドイツ名でアウシュヴィッツ、ポーランドではオシフィエンチムと呼びます。

01.jpg

オシフィエンチム駅です。
駅構内は鍵がかけられ、閉店しているお店が目立っていました。

カトビッツェからアウシュヴィッツへのアクセスは、電車で約50分です。今は便利なもので、グーグル検索で「カトヴィツェ オシフィエンチム 電車」と入力するとすぐ表示されます。
03.jpg

交通費は片道で6zh。ポーランドの通貨はズウォティ(zh)で、1zhが約30円です。なので、この切符は約180円ということになります。hが英字では表現できないため、ISO規格では「PLN」と表記することもあります。このブログでは、PLN表記で統一します。

アウシュヴィッツには第一、第二とあり、第一は2018年1月より、完全予約制になったようです。
※詳しくはこちら から。

4PLN(120円)を払い荷物を預け、セキュリティチェックを受けましたが、入場料を払う時点で予約していなかったため、断られました。第2アウシュヴィッツにはシャトルバス(無料)は午後に出ると言われ、敷地内にあるタクシーに乗り10分でビルケナウへ。料金は20PLN(600円)でした。気になる現地のトイレ事情は、利用料金がかかり、第1,2アウシュビッツの両方とも2PLN(60円)でした。

05.jpg

駅からアウシュヴィッツまで30分ほど歩きました。その間も街中は寂しく、枯れ木には多くのカラスがとまっていました。

06.jpg

私が訪れた時期は1月終わり頃で、天候も良く晴れていました。気温は5℃前後。2~3月の今はさらに寒くなるようです。2018年の2月終わり頃は寒波の到来によりマナス15℃前後で、寒さで数十人亡くなるニュースがポーランド国内でも流れていました。

上で述べたトイレ事情の他、食事に少し焦りました。閉鎖している駅にはトイレがありません。また、この時期は訪れる人が少ない事情もありますが、アウシュヴィッツ本館にレストランが1つあるぐらいで、飲食店の数が少ないです。オシフィエンチム駅とアウシュビッツの間には、数件ちらほら見かける程度です。

少し本題とそれますが、ポーランド内では、マクドナルドはよく見かけます。マクドナルド内でのトイレ使用方法がやや特殊で、レシートの番号をトイレ前に設置してある機械に入力して入る必要があります。このへんはまた当ブログでご紹介できればと思います。

07.jpg

こちらの崩れた施設は、諸説ありますが、ドイツ軍が証拠を消そうとして終戦頃に壊した、といわれています。

06.jpg

東京ドーム換算で約37個分の有刺鉄線と当時の見張り台です。収容所らしい徹底ぶりが現在でもその外観からうかがえます。

09.jpg

内部には暖炉的なものがあるのがまだ救いでしょうか。

いかがでしたでしょうか。
画像からも寒さが伝わってくるかと思いますが、極寒の地ポーランドのカトビッツェから、今後さまざまな情報をお届けしますので、ぜひご覧ください。

ポーランドの数学者

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ポーランドの数学者

ポーランド・カトビッツェ特派員のポーランドの数学者が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ポーランドポーランド/カトビッツェ特派員
名前:ポーランドの数学者

ポーランドの数学者

教員を25年以上続け、自分のやりたいことはできました。私はもっと世界を見たいと思い、ポーランドを選びました。ここを拠点にイタリア、ドイツと回り、経済や経営学びたいと思います。ポーランドには、力強い知人もできました。まだ日が浅く学ぶことは沢山あります。「火中の栗を拾う」という諺にあるように、まだ知られていない部分に先陣を切って取組みブログ配信し、少しでもお役に立てればと思います。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_RF77QCwIx2

カトビッツェ特派員トップにもどる

カトビッツェを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトビッツェ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ポーランド > カトビッツェ特派員 > はじめまして/カトビッツェからアウシュヴィッツの今を発信

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について