トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパールのアボカドと、それにまつわるおもしろい俗信

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパールのアボカドと、それにまつわるおもしろい俗信

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年9月17日

アボカド.jpg


カトマンズの住宅街を歩いて気づくのは、庭にアボカドの木が植わっている家が多いこと。


今年も第1弾のおすそわけいただきました。ありがたや。追熟が必要なので、食べ頃になるのは10日くらい後かな。手前の1個はザクロです。


アボカドプジャ1.jpg


アボカドと言えば、雌雄異熟花で受粉のタイミングが難しいとか。


以前、知人宅にあるアボカドの木がなかなか実をつけず、人間の女性がつけるチュラ(चुरा腕輪)と、髪に編み込み使う赤いダゴ(धागो糸の束)を写真のように木に巻き、女性化させる儀式をしたことがありました。


アボカドプジャ2.jpg


するとなんと! 翌年見事に実をつけたそう。


受粉のタイミングがよかったんでしょ、と思われそうですが、信心深く祈りをささげたおかげと信じているネパールの人たちを憎めません。


また別のお宅では、たわわに実ったアボカドを盗まれないよう、泥棒除けのおまじないで、木に靴を吊るしたりとかも。


アボカド泥棒除け.jpg


アボカドに限らず、周囲の邪気や妬み嫉みを寄せ付けないため、こうやって靴を吊るすことがよくあるのです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパールのアボカドと、それにまつわるおもしろい俗信

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について