トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパールの父の日と、聖なる植物クス(クシュ)

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパールの父の日と、聖なる植物クス(クシュ)

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2021年9月 7日

父の日お菓子全景(近く).jpg


毎年8月半ば~9月初め頃の新月の日、ネパールでは父の日をお祝いします。「父の顔を見る日(ブワコムクヘルネディン」と呼ばれ、今年は今日でした。


実父や父のような存在の人のもとを、贈り物をもって訪問します。


贈り物には、ネパール菓子・ミタイ(※)が用いられることが多く、2~3日前から準備をし、当日は特設売り場を設け販売するミタイ屋も。私がいつも利用しているミタイ屋にも、普段見ない種類の、きれいな菓子がたくさん並んでいました。


父の日お菓子(子供).jpg


(※)ミタイ:主に、牛乳を煮詰めて作った、日本でいう「蘇」をもとに、色を付けたり、いろいろな形に成形したりしているものがほとんどで、濃厚なミルクキャンディのような味がします。小麦粉を生地とした揚げ菓子を蜜に漬けるものなど、かりんとうに似たものもあります。


ミタイいろいろ.jpg


・・・



・・・


クス.jpg


そして、特別な新月のこの日(クセ・アウンシ)は、ヒンドゥ教儀式で使うクスकुश と呼ばれる聖なる植物を新しくする日でもあります。儀式のたびに、このクスの束から少しずつ葉を抜き、使用されるのです。


クス 神棚.jpg


聖草とされるクス、根は薬に使用されたり、葉は科学的にも浄化作用があることが証明されたりしているそう。


ただ置いておくだけでも、室内の「気」を清めてくれているような気にもなります。実際そういう効果もあると聞きます。お守りのような存在でもあるのですね。


オフィスにも、いつもお世話になっている司祭の方に新しいクスを届けてもらいました。


クスを受け取る.jpg


また、カトマンズ市内外出中には、前を走るバイクの後ろにクスの束を見つけ、「この人司祭師で、家々に届けに行くところなんだろうなあ」と、今日の日を感じながら、しばらく後ろを走ったのでした。


クス・バイク.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパールの父の日と、聖なる植物クス(クシュ)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について