トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパールの豚モモ(豚肉の餃子)

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパールの豚モモ(豚肉の餃子)

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年8月19日

豚モモ.jpg


ネパールで食べられている、小籠包のような餃子のような料理、モモ。基本蒸し料理ですが、焼いたり揚げたりスープにしたり、いろいろな調理法で食べられています。


具は、カトマンズのローカルな小食堂だと水牛や鶏のひき肉を使うことが多いですが、東ネパールに行くと、選択肢なく、豚ひき肉のモモしか扱わない店も増えます。


東ネパールでは、豚肉を食べる食文化の民族も多く、豚肉の値段も肉類で一番安い、という理由から。


カトマンズでも豚ひき肉のモモを出す店もありますが、少数派。宗教的に豚肉を穢れとして扱わない人たちもいますが、東部ではまた違った習慣や食文化を持つ人たちも多く、豚肉が当たり前のように食べられるのですから、豚肉好きにとってはうれしいですね。


豚モモ2.jpg


写真は、4月に東ネパールへ行った際、ラスネという標高約2200mの町で食べたモモです。


ホカホカの湯気が立ち上がるモモや、一緒に頼んだ豚セクワ(BBQのようなもの)、東ネパール名物のトゥクパ(ネパールのうどん)の様子も一緒に、動画でもどうぞ。