トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ナーグパンチャミと牛糞のこと

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ナーグパンチャミと牛糞のこと

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年8月17日

ナーグパンチャミ1.jpg


8月13日は、蛇の神様を祀るナーグパンチャミでした。


毎年この日は司祭師に来てもらい、門柱と玄関扉の上に蛇のお札を貼り、無病息災・家内安全をお祈りします。


ナーグパンチャミ2.jpg


お札を壁に貼るとき、「のり」代わりに使うのは聖なる牝牛の糞。


ヒンドゥ教徒の人たちにとって牝牛の糞はただの「糞」ではなく、「ゴバルगोबर」という特別で神聖な存在で、汚いという概念はなく、いろいろなことに使い崇めます。


例えば、村では水を混ぜ土間や壁を塗り固めます。

牛糞床.jpg


乾かせば燃料にもなります。

牛糞燃料.jpg


秋の大祭ティハールではこんもり盛って飾り崇めたり。

牛糞プジャ.jpg


井戸の掘削時には潤滑剤代わりにも(笑!。

牛糞井戸.jpg


過去、個人ブログに牛糞の使い方いろいろを書いたことがあるので、よろしければご参照ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ナーグパンチャミと牛糞のこと

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について