トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパール王宮事件から20年

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパール王宮事件から20年

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2021年6月 2日

20年前の2001年6月2日(土)。


未明(5:30頃)にかかってきた電話で、当時のネパール国王一家が前夜(6/1)に殺害された事件を知りました。


そんな朝早くかかってくる電話はたいていネパール人からの不躾な間違い電話なので、寝起きのむすっとした声で対応したら、当時関わっていた補習校日本人関係者からの緊急連絡網で、いったい何が起きたの?とただならぬ不安を感じたことを覚えています。


王宮事件の犯行現場は、当時住んでいたカトマンドゥのフラットから徒歩10分もかからないナラヤンヒティ王宮。あのときの衝撃と、その後しばらく続いた不穏な日々のことは今でも忘れられません。外出禁止令が発令されたり、水源に毒が入れられたといううわさが出回ったりと、落ち着かない日々でした。


ところで、ネパールでは公暦にビクラム暦が用いられており、事件が起きたのはビクラム暦だと2058年2月19日に当たっていました。20年前は西暦6月1日=ビ暦2月19日でしたが、今年は西暦6月2日=ビ暦2月19日に当たっています。つまり、事件が起きたのは西暦で考えると昨日だけれど、今年は今晩に当たっているということ。


国際社会の認識と、当のネパール現地での認識は1日ずれることになるのです。


ややこしいけれど大事なことなので、一応補足しておきます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパール王宮事件から20年

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について