トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパールのおこし

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパールのおこし

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年12月22日

1058.jpg


典型的な和菓子のイメージが強い「おこし」ですが、ネパールやインドでも似たようなものが食べられています。


胡麻おこしそっくりなのは、胡麻と黒糖(※サカルसखर、ジャガリー)を混ぜて作るティルコラッドゥ。直径1.5cmほどのボール状に丸められていることが多いです。


ヒンドゥ教ガネシュ神の好物とされお供えに用い、人はそのお下がりをいただくことが多いですが、おやつ用としても売られています。


食べやすい一口サイズなので、ついつい手が止まらくなってしまう一品です。


1155.jpg

町の小さな商店で駄菓子感覚で売られているのは、米はぜを直径4㎝ほどに丸めた、ちょっと大きめのおこし。


DxAB6FlXQAAru3h.jpg

ネパール極西部、タルー族が住む村ではモルサブジャと呼ばれるおこしが食べられていました。アマランサス(ネパール語でラッテलट्टे)の実を炒ってはぜたものを黒糖でからめているそう。


同じものを、北インドでも見かけたことがあります。


1057.jpg


1055.jpg


いずれも、1月半ばのマーゲサンクランティ(タルー族たちの新年でもある「マギ」、インドではマカラサンクランティと呼ばれる儀式の日のお供えものとしても用いられる、運を呼ぶ食べ物でもあります。


ネパール(インドでも)にいらしたら、是非試してみてください。

1087.jpg


後半3枚の写真は北インド(バラナシ、ラクナウ周辺)で撮影したものです。


・・・ 


※サカルとは

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパールのおこし

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について