トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 【ネパール】次世代スーパーフード「モリンガ」

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

【ネパール】次世代スーパーフード「モリンガ」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年4月11日

知る人ぞ知る、次世代スーパーフード「モリンガ」。


ワサビノキ科の植物だそうで、ネパールにも何か所かに農園があります。


生産量はまだ少なく、スーパーマーケットなどで売られているモリンガティなどはインド製のものが多いようですが、先日、ネパール産モリンガを扱うカトマンドゥ市内にある会社を訪れる機会があり、試しに粉を購入してみました。


D0ZrqqMXgAAfUP_.jpg


粉は、お茶として飲んでもよし、少量を野菜炒めなどに入れてもよし、とのこと。


まずはシンプルにお茶に。お湯を注いで飲んだら、メンディの味がしました。ちょっと粉が多すぎたかな?


D0PbirwWoAENDLD.jpg


お茶よりは、ロティなどに混ぜ込むほうが食べやすいです。


D0ZrpvzX4AAS7op.jpg


ネパール語で「サジュンसज्युन」と呼ばれるモリンガの鞘は、3月半ば頃~カトマンズの市場にも並び始めます。インゲンみたいな食感です。


D3IJVNmU4AABIMt.jpg


D3IJUhuVsAALHRv.jpg


さて、「モリンガ」のネパール名はいろいろあるのですが、一般的にはシッタルチニ(シッタル=涼しい、チニ=砂糖)と言われるそう。


シッタルチニ?と思っていたところ、種を食べれは意味が分かるといわれ、皮をむき出てきた白い種子を口に含んでみました。


D0Pg8JjXQAIyogI.jpg


噛み砕き、水を飲むと、、、。


さわやかな甘みが口いっぱいに広がり、シッタル・チニの意味を身をもって納得したのでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 【ネパール】次世代スーパーフード「モリンガ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について