トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ラニマハル(ネパールのタージマハル)

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ラニマハル(ネパールのタージマハル)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年4月 5日

13355.jpg


ネパール中部パルパ郡、標高約400mのカリガンダキ川沿いにある、ネパールのタージマハルと呼ばれる、廃墟「ラニマハル」(王妃の宮殿)。


1893年、当時の将軍であったカドゥガ・サムセル・ラナが、亡くなった彼の最愛の妻を想い建てた宮殿であると言われています。


しかし、1902年に将軍はこのラニマハルを離れインドへ移り住んだため、宮殿は無人となってしまったとのこと。


13356.jpg


今でこそここまで通じる車道(未舗装)ができていますが、当時は車道などなく、周辺に民家もなく非常に不便な場所ということもあり、そのまま長いこと放置され廃墟と化していきました。


近年になりネパール政府が宮殿の再建と修復に乗り出し、ある程度は管理され、知る人ぞ知る観光地としても注目を集めつつあります。休日になるとネパール人見物客がたくさん訪れるそう。


・・・


標高約1350mの山の斜面に栄えた町「タンセン」から北に約14km程離れた場所に位置するラニマハルまでは、公共交通車両は出ておらず、道も悪いためジープをチャーターしていくのがベター。


道中、途中ポツリポツリと小さな集落を通り過ぎますが、それ以外は山の中を走ります。こんな辺鄙な場所に本当に宮殿があるのだろうか、という不安を感じながら標高を下げて進むと、突然立派な宮殿が現れ、異次元に迷い込んだ錯覚を感じます。


13353.jpg


高原の気候だったタンセンに比べ、標高約400m程しかないここに降り立つとむわっとした空気の違いを感じるのも、異次元感を盛りたてます。


・・・ 


秘境&廃墟という冒険心をくすぐる条件がそろったラニマハル、宮殿内にも入ることができます。しかし、中はがらんどうとしていて、家具などは一切なく、外観からの異次元さと比べると、さほど感動はありません。


13354.jpg


宮殿からはすぐに川に降りられるようになっています。ラナ将軍家族が暮らしていた当時、ここから降りて洗濯をしたり水浴びをしていたりしたのだろうかと、昔に思いをはせてみます。


13359.jpg


対岸には車道を作る工事が進められており、カリガンダキ川にかかる人用の吊り橋の向こうには、車用の橋も建設中でした。


13358.jpg


近い将来観光地として整備されてしまうと、今の様な秘境感は感じられなくなるでしょう。是非今のうちに訪れてみてください。


13357.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ラニマハル(ネパールのタージマハル)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について