トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 【ネパール】未解決事件(チトワン郡にあるマダン・クマル・バンダリ氏の慰霊碑)

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

【ネパール】未解決事件(チトワン郡にあるマダン・クマル・バンダリ氏の慰霊碑)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年2月 4日

11420.jpg


カトマンドゥから陸路チトワンやルンビニなどタライ地方へ向かう際に通る、ムグリン~ナラヤンガート間。山の斜面を切り開いて作られた崖道の途中にある川沿いのダスドゥンガという場所に、ひっそり慰霊碑が建っているのをご存知でしょうか。


1993年5月、ポカラからチトワン方面へ向かっていた車がここから崖下転落し、同乗していた2名の政治家が死亡、運転手のみ助かる、という事故があったそうです。慰霊碑の二人の男性は、その時亡くなった政治家で、マダン・クマル・バンダリ氏とジブラジ・アシュリット氏。


マダン・クマル・バンダリ氏は、現ネパール女性大統領・ビディヤ・デビ・バンダリ氏の夫でした。


この事故は、事故ではなく何者かによる陰謀だという説も濃厚で、事故当時一命をとりとめた運転手が、この事故(事件)から10年以上経って、何者かに殺される、という闇深い事件も起きています。


噂では、運転手が、車ごと川に転落するよう何者かに指示されていたのだろう、と言われており、口封じのために殺されたのだろう、という説も。


当時、運転手が十分な見返りを受け取っていたとしても、車ごと崖下転落させれば、自身も死亡するリスクがありました。しかしこのルートを車で走行していると、運転手はうまく脱出できそうなポイントがあることに気づきます。事故直前、そのポイントに目印があったという説も。


たとえば、事故現場より北側・ムグリン方面には、ガードレールもない崖すれすれの場所に道があります。車ごと谷に突っ込めば即死の可能性が高くなりますが、谷が深すぎるため、運転手自身が脱出することは厳しそうです。


事故現場より南側・ナラヤンガート方面では、道から川までの間に川岸が広がる、比較的平坦な場所となるため、崖下転落させるには向かない地形となります。


事故現場は谷に突っ込みやすいカーブになっていますが谷はそれほど深くなく、車をうまい具合に転落させ、すぐ運転手席から脱出すれば、生き残れる可能性がかなり高そうであることが、素人目にもわかります。毎回現場を通るたびに、運転手や、何も知らなかったであろう政治家たちの心情を思い、一瞬背筋が冷たくなるような錯覚を覚えます。


ちなみに、現場周辺、2018年夏前に道路拡張工事がほぼ終わり、慰霊碑がある敷地面積もかなり削られてしまいましたが、慰霊碑自体は今も残っています。


11421.jpg


※写真は道路拡張工事前の2016年3月に撮影したものです。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 【ネパール】未解決事件(チトワン郡にあるマダン・クマル・バンダリ氏の慰霊碑)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について