トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 【ネパール】雨期中よく発生する土砂崩れのこと

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

【ネパール】雨期中よく発生する土砂崩れのこと

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2018年9月12日

DmIwXODWsAEXBEk (1).jpg


雨期中はネパール各地で土砂崩れが発生します。土砂崩れを心配するのであれば、ネパールには来ないほうがよい、と言えるほど、日常的にあちこちで発生します。


最初の2枚は、9月2日~3日にかけて、ランタン方面へ続く車道(トリスリ~ベトラワティ間)で起きた土砂崩れの様子。


2日夕方カトマンドゥを出発しドゥンチェに向かっていたガイドたち、夜のうちにここを通過するはずだったのですが、前を走るジープがここで立ち往生しており、様子見のため近くの宿で一泊。


翌朝様子を見てみると、夜間の間に少しずつ崩れた土砂が、昨晩動かせずここに放置していたジープまで流れ込み、タイヤが浸かってしまうという事態になっていたとのこと。これは自分たちも被害に巻き込まれかねない、とのことで、通過せず引き返すことにしたのでした。


DmIwYDwX4Ac-mDS (1).jpg


=== 


DlVPMcVWwAAAsh_.jpg


次の2枚は、カトマンドゥ~ムグリンへ行く途中のガルチ付近にて、8月24日に起きた土砂崩れの様子。ネパールの幹線道路はどこもそうなのですが、う回路がないため、道をふさがれてしまうと復旧まで気長に待つしか方法はありません。


DlVPWkJXsAUKI7M.jpg


=== 


カトマンドゥ~チトワンへ向かう道の途中、ムグリン~ナラヤンガート間も、土砂崩れ頻発区間です。


約2年間続いた道路拡幅工事が終わりに近づき、6月に舗装は終わったのですが、削られた崖はまだむき出しのままの箇所がたくさん残っています。


Dl0lCIcWsAAWKIx.jpg


今年6月5日~9月11日まで、ニュースになっただけでもこの区間で17回の土砂崩れが発生し、そのほとんどが、復旧に半日以上かかっており、その間は車両通行止めとなっていました。


写真は大雨が降るとほぼ毎回崩れニュースで頻繁に名前を聞く「チャールキロ」という付近です。


このように雨期中は避けて通れない各地での土砂崩れ。何時間も足止めを食い、予定が大幅に崩れることもありますが、そんなこともひっくるめて、ありのままのネパールをお楽しみください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 【ネパール】雨期中よく発生する土砂崩れのこと

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について