トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 【ネパール】変換プラグはどれが必要?

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

【ネパール】変換プラグはどれが必要?

カテゴリー:通信・携帯・インターネット 投稿日:2016年9月 1日

かなりの頻度でお問い合わせをいただく、ネパールのプラグ形状、コンセント口について簡単にまとめてみました。


まず、ネパールでは日本のように統一規格がありません。


一つの建物の中や、一つの部屋の中でも、B・C・B3・BFなどが混在していることがあり、非常に厄介です。


ただ、たいていは、日本のプラグをそのまま差し込めることが多いです。次のような感じです。


DSC_3910.JPG

DSC_3911 (2).jpg

DSC_3929_1.jpg


しかし、古い家ですと、日本のプラグを差し込めない、次のようなコンセント口となっていることもあります。


DSC_3930.JPG


日本のプラグ差し込み口がない場合でも、ホテルやロッジのフロントにたずねると、変換プラグを貸してくれることも多いです。しかし、在庫がないこともありますので、万全を期すためには、マルチプラグを持参されるのがよいかもしれません。


=== 


※ネパールでの電圧は220Vですので、お気を付けください。

※トレッキング中のロッジでは、室内にはコンセント口がなく、充電をするためには、フロントやスタッフルームなどに預け、まとめてしてもらうケースが多いです。ほとんどの場所で充電は有料となります。充電料は、低地では1時間あたりで設定していることが多いですが、高地では充電完了まででいくら、という設定のところが多いです。エリアや場所によっても異なりますので、詳しくは訪問先のロッジでご確認ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > 【ネパール】変換プラグはどれが必要?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について