トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパールトレッキング、ポーターの荷物の運び方

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

ネパールトレッキング、ポーターの荷物の運び方

カテゴリー:スポーツ・観戦 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2015年3月29日

p2a.JPG


ネパールのトレッキングで荷物を持ってくれる「ポーター」。


ポーター一人当たり20㎏程度までを持ってもらうことができます。


p1a.JPG


そこでお客様からよくあるのが「ポーターに預ける荷物はどのようにして準備すればよいですか?」「リュックに入れる必要がありますか?」というご質問。


いいえ、必ずしも、リュックに入れた荷物を預ける必要はありません。ポーターは、お預かりした荷物がそのまま背負える状態であれば背負うこともありますが、多くは、「ドコ」と呼ばれる竹籠に「ナムロ」と呼ばれる輪状の縄をまわし、それをおでこに引っかけて運びます。


または、荷物自体に縄を巻き付け、それをおでこに引っかけて運ぶことも。


p3a.JPG


肩で背負うよりも、おでこに引っかける方が重い荷物をバランスよく運べ楽なのだそうです。高地へ食料などの物資を運ぶポーターは、この方法で100㎏近く運ぶ者もいます。


p4a.JPG


以上4枚の写真は、以前、エベレスト方面チュクン先にある氷河湖の研究のため、チュクンに4か月滞在された研究者さんのため、大量の機材を運んだ時のポーターたちの様子。


image-1415292952305-V.jpg


荷物の種類によっては、ゾッキョと呼ばれる高山動物に運ばせることもあります。写真向かって左・半分ほど写っているのは、撮影機材を運んでいるゾッキョ。右に写っているのは、高地のロッジへ食料を運んでいるゾッキョです。


余談ですが、ネパール国内線の預け荷物重量制限は通常は20㎏まで。しかし、ルクラやジョムソンなど山岳地帯へ向かうフライトでは15㎏制限となっています。


さらに、秋のトレッキングシーズンで常に山岳便が常に満席になるような時期には、さらに重量制限がかかり、預け荷物一人10kgまでとなることも。


超過料金自体はそれほど高くはなく、1㎏あたり120ルピー(約150円)程度。しかし、超過分は、別便扱いとなってしまうことがよくあります。自分はトレッキング玄関口まで飛べたのに、その後急に天気が悪変し、超過分荷物が載っている便が欠航となり、トレッキングを始められない!というようなことも時々ありますので、ご注意を。


トレッキングに不要な荷物は、市内のホテルではどこも無料で預かってくれますので、なるべく身軽にして出かけるのがよいですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > ネパールトレッキング、ポーターの荷物の運び方

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について