トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > カトマンドゥの2大仏教寺院スワヤンブナートとボダナート

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員ブログ

カトマンドゥの2大仏教寺院スワヤンブナートとボダナート

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2007年11月 1日


カトマンドゥ市街の西と東にある仏教寺院。西のスワヤンブナートと、東のボダナート。(冒頭の写真は、夕暮れ時のボダナート寺院)

四方を見渡す仏陀の眼が描かれていることから、目玉寺としても知られています。


暦に従い、いろいろな儀式なども行われるのですが、旅行者として訪れてわかりやすいのが満月の夜。

日没後、バターランプに火がともされ、神秘的な光景が見られます。

2枚目の写真は前回の満月10月26日19時前のスワヤンブナート。次回の満月は11月24日。カトマンドゥ訪問予定のある方は、是非訪れてみてください。

● スワヤンブナート(Swayambhunath)

場所:カトマンドゥ市内、旅行者の集まる『タメル地区』から西に向かって約2km。タクシーで約10分、運賃100ルピー弱。徒歩だと片道30〜40分。小高い丘の上に目玉寺が見えるので、道に迷う心配はありません。

入場料:100ルピー

備考:周辺にはサルが多く、モンキーテンプルとも呼ばれているこの寺院。手提げ袋を持って参道を歩いたり、袋の中から何かを取り出すしぐさをすると、野生のサルに突然手元を襲撃されることがあるので、ご注意を。 

● ボダナート(Boudhanath)

場所:カトマンドゥ市内、旅行者の集まる『タメル地区』から東に向かって約5km。タクシーで約30分、運賃200ルピー程度。5つ星レベルの『ハイアットホテル』からだと徒歩約10分。

入場料:100ルピー

備考:ボダナートを観光する場合は、比較的近い場所にエリアにあるヒンドゥ教寺院『パシュパティナート』も一緒に訪れると便利です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

春日山 紀子

ネパール・カトマンドゥ特派員の春日山 紀子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ネパールネパール/カトマンドゥ特派員
名前:春日山 紀子

春日山 紀子

初ネパール入りは1996年。2000年よりカトマンドゥ在住。3年間の語学留学を経て、現在はトレッキング会社ヒマラヤンアクティビティーズを経営。日本のTV撮影手配経験も豊富。
ネパール情報満載のブログ・日々のネパール情報Twitterも発信中。メールはこちらまで。 DISQUS ID @disqus_Fnjjf1OdT4

カトマンドゥ特派員トップにもどる

カトマンズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カトマンドゥ特派員トップにもどる

トップ > アジア > ネパール > カトマンドゥ特派員 > カトマンドゥの2大仏教寺院スワヤンブナートとボダナート

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について