トップ > 日本 > 軽井沢・長野特派員 > 犀星文学碑 旧軽井沢

日本国内日本国内/軽井沢・長野特派員ブログ

犀星文学碑 旧軽井沢

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年8月31日

軽井沢には多くの文学者が別荘を所有したり、滞在したりしています。
その関係で、軽井沢にゆかりのある文学者の文学碑も多く存在します。


今日はその中のひとつ「犀星文学碑」を紹介したいと思います。


o01.jpg
旧軽井沢銀座の少し先にある「二手橋」を左折します。
ちなみに赤い車は、見晴らし台まで走っている軽井沢の観光バス「赤バス」です。


o02.jpg
矢ケ崎川沿い徒歩3分。
「かげろうの日記遺文」で野間文芸賞を受賞した記念に、昭和36年に室生犀星自身が建立したそうです。


o03.jpg
我は張り詰めたる氷を愛す
斯る切なき思ひを愛す
我はそれらの輝きを見たり
斯る花にあらざる花を愛す
我は氷の奥にあるものに同感す
我はつねに卑小なる人生に住めり
その人生の荒涼の中に呻吟せり
さればこそ張り詰めたる氷を愛す
斯るなき思ひを愛す


o04.jpg
文学碑の横には座れるスペースもあります。
これも犀星が作ったのでしょうか?
矢ケ崎川をゆっくりと眺めることができます


o05.jpg
碑の反対横には犀星が中国に旅行したときに買った俑人二体が立っています。


室生犀星は昭和37年に亡くなる前年まで毎夏、軽井沢に滞在していたそうです。
犀星自身が建てた文学碑を見て、室生犀星に思いをはせてみてください。

この場所をGoogleMapで確認する

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

M下

日本国内・軽井沢・長野特派員のM下が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/軽井沢・長野特派員
名前:M下

M下

2001年に長野県に千葉県から移住してきました。知り合いもなく、仕事も決めずにとりあえず移住。気がついたら軽井沢で不動産屋に勤めて別荘販売していました。不動産屋という仕事柄、日々、軽井沢町内をうろうろしているので、そこで見たこと、聞いたことをご紹介したいと思います。

軽井沢・長野特派員トップにもどる

その他の長野県の特派員



長野県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

軽井沢・長野特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 軽井沢・長野特派員 > 犀星文学碑 旧軽井沢

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について