トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > 【vol.25】遺産建築に泊まろう!その1

カンボジアカンボジア/カンポット特派員ブログ

【vol.25】遺産建築に泊まろう!その1

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年1月29日

久しぶりの更新です。前回に引き続き、今回もボーコーマウンテンの紹介をします!
過去の記事は以下からご覧くださいね。

街一番の観光スポット、ボーコーマウンテン
ボーコーマウンテンの守り神!?
ボーコーマウンテンのパワースポット「ワット・サンボー・プラム」
神秘的な廃教会 inボーコーマウンテン
ブラック・パレス-シハヌーク王別荘跡へ


今回ご紹介するのは、100年の歴史を持つコロニアル建築、ル・ボーコー・パレス。
DSC_4953のコピー.jpg
ここは、カンポット最古にして最高級のホテルなんです。

最初の建設は1925年。フランス人向けの高級ホテルとして建てられたのが始まりです。

しかし、70年代、内戦に突入し、ホテルは閉鎖。その後は廃墟としてひっそりとカンポットの地を見守ってきました。

しかし!2018年、50年近く放置されてきたこのホテルが、長き沈黙を破り、ついに復活したのです。
IMG_8102のコピー.JPG
改装され、100年前の姿に戻りました。名称も建設当時の「Le Bokor Palace」に。
内装・外装、調度品に至るまで、建設当時の様子をそのまま再現したとのこと。


今回は、実際にここに一泊滞在してきたので、そのレポートをお届けします。


まずは到着後、ウェルカムドリンクをいただきました。柑橘系のさっぱりしたドリンクで、疲れた体によく効きます!
IMG_2253.jpg
ドリンクメニューも充実。ビールはもちろん、たくさんの種類のワインやウイスキーを取り揃えているそうです。
お値段はカンボジアにしては高め。ビール$3、ウイスキー$5、ワイン$8(グラス)からです。


さて、客室へ行って見ましょう。
DSC_4874.jpg
ルーム設備はテレビ、冷蔵庫、クローゼットに休憩スペース。どの部屋も細かい違いはありますが、基本的な設備は同じようです。
DSC_4879.jpg
このホテルでは、近代設備以外は、殆ど100年前、建設当時の設計や設備をそのまま再現しているようです。ベッドの高さも100年前のトレンドなのかちょっとだけ高め。
DSC_4886 (1).jpg
IMG_2295.jpgIMG_2260.jpgIMG_2256.JPG
どの設備も非常に洗練されており豪華ですが、派手すぎる感じはなく、非常に瀟洒な印象。
Lebokor6.jpg
浴室・トイレ・洗面所も豪華。バスタブは私たちに本人にとっては嬉しいところ。


でも、このホテルには屋外にもっと立派なお風呂があるのです。ジェットバス完備のホットタブ!
IMG_2488.JPG
優雅にホットタブを楽しみながらアンコールビールをプシュッと開けてちょっと優雅なひとときも過ごせます。
DSC_4917 (1)のコピー.jpg
100年前の建物の中で、ゆっくりくつろいで過ごす夜。静かな空間の中で、ひっそりと夜が更けていきます。

・・・と、今回はここまで!

後編に続きます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大坂 知貴

カンボジア・カンポット特派員の大坂 知貴が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カンボジアカンボジア/カンポット特派員
名前:大坂 知貴

大坂 知貴

カンポット州観光局マーケティング担当。2018年1月よりカンボジア・カンポット州の観光振興施策に携わる。現在の業務内容は、州公式ウェブサイトにおける観光情報の記事執筆、学生向けの講演や日本人向けツアーの企画など。三度の飯より映画が好き。好きな映画は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「ロッキー」。いつかカンポットを舞台にした映画が出来て、世界中でヒットしたりしてくれたりしないかなあ、と願っている。 DISQUS ID @disqus_MHHj1uKVTZ

カンポット特派員トップにもどる

その他のカンボジアの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンポット特派員トップにもどる

トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > 【vol.25】遺産建築に泊まろう!その1

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について