トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > 【vol.19】カンポットの歴史に触れる。

カンボジアカンボジア/カンポット特派員ブログ

【vol.19】カンポットの歴史に触れる。

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年12月27日

今日は少し真面目に・・・カンポットの歴史博物館へ行ってみます!

場所は、リバーサイド南部、中心街から1kmほど南下したところ。自転車でのアクセスがベターです。
着きました!ここがカンポット州立博物館です!
IMG_8873.JPG
ここは、カンボジア遺産建築の一つで、もともとはフランス人政治家の自宅だったところ。
IMG_8896.JPG
一部を改装して、現在の姿になりました。


・・・・変わりすぎじゃね?
まあそれは置いておいて。


入り口の門の前では、大砲がお出迎え。
これは、タイ(シャム)との戦争の際に用いられた大砲とのこと。ただし、細かな資料が無いので、
何に使われた大砲だったのか、どこに設置してあったのか、などの詳しい情報は不明だとか。
このざっくり具合がいかにもカンボジアらしい(笑)。
IMG_8939 2.JPG
入場料は一人2ドル。入場口付近ではポストカードなどのお土産販売もあります。


まずは、カンポットの歴史を語るパネルコーナー。1000年以上前から現在に至るまでの歴史をざっと紹介してくれます。
IMG_8915 2.JPG IMG_8916.JPG
歴史資料を閲覧できるコーナーも。フランス植民地時代の重要文書(・・・の複製品)なども収められており、
歴史的にはかなり重要な意義をもつ資料が目白押しです。
IMG_7743.JPG IMG_7726.JPG

現在でも大人気の観光地、ボーコー山の100年前の様子を写した写真も展示されています。
こうした写真を現在の姿と比べてみるのもまた一興です。
IMG_8914 2.JPG

奥の方へ行くと、カンボジアの伝統芸能である影絵の展示や、過去にカンポットで出土したリンガなどをみることが出来ます。
IMG_3591.JPG IMG_8928 2.JPG IMG_8929.JPG
・・・とはいえ、全体の展示数は正直言ってさほど多くはなく、日本の博物館などに比べるとかなり寂しい感じはします。
数年後には新しい博物館が出来、そこにはたくさんの展示物が置かれる・・・との噂です。
IMG_8913 2.JPG
・・・と言うことは、この博物館を見られるのはあと少しになるかも!?
その意味では貴重な観光スポットです!少しでも興味のある方は博物館へ急げっ!

オフィシャルサイトはこちら

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大坂 知貴

カンボジア・カンポット特派員の大坂 知貴が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カンボジアカンボジア/カンポット特派員
名前:大坂 知貴

大坂 知貴

カンポット州観光局マーケティング担当。2018年1月よりカンボジア・カンポット州の観光振興施策に携わる。現在の業務内容は、州公式ウェブサイトにおける観光情報の記事執筆、学生向けの講演や日本人向けツアーの企画など。三度の飯より映画が好き。好きな映画は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「ロッキー」。いつかカンポットを舞台にした映画が出来て、世界中でヒットしたりしてくれたりしないかなあ、と願っている。 DISQUS ID @disqus_MHHj1uKVTZ

カンポット特派員トップにもどる

その他のカンボジアの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンポット特派員トップにもどる

トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > 【vol.19】カンポットの歴史に触れる。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について