トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > 【vol.17】豪華なお土産屋併設のコスパ高いホテル「Blue Buddha」

カンボジアカンボジア/カンポット特派員ブログ

【vol.17】豪華なお土産屋併設のコスパ高いホテル「Blue Buddha」

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年12月26日

今日は、僕の職場に一番近くて評判の良いホテルを紹介します。
Blue Buddha Hotel ブルー・ブッダ・ホテル」。
DSC_3455.jpg
カンポットの中心部とリバーサイドの中間地点、スラエ・オンバル(塩の村)のモニュメント近くに立つホテル。静かな地域ながら、近隣にはレストランやバー、スーパーもある隠れた名所です。
門の近くでは、ホテルの守り神、ブルーブッダがお出迎え。
DSC_3458.jpg
青色の仏像は、健康と癒やしのシンボル。青色は古来より(染料が)手に入れにくく希少価値の高い色として、金色に並び神聖な色とされてきたそうです。
日本でも、時折青い仏像を目にすることがありますね。
DSC_3462.jpg このホテルのオーナー、ジェシカ・ロウさんは、イングランド生まれ。
地元でゲストハウスを営んでいた経験を生かして、2015年にこの事業を始めたそうです。

とても広いフロントデスク。壁は全面、植物を意識した黄緑色で彩られています。
DSC_3460.jpg
デスク横の休憩スペースには、カンボジアに関するたくさんの本(世界的定番の観光ブック"Lonely Planet"も!)
が置かれており、暇なときでも読書を楽しむことができます。

私が特に素晴らしい!と感じたのは、デスク横のスーベニアショップ。
DSC_3468.jpg DSC_3467.jpg
オーガニックジャム、カンポットペッパーを使用したハンドメイドソープなど、他ではあまり見られないレアな商品がたくさん。商品は全てオーナーが直に生産者と交渉し買い付けを行っているそうです。
カンポットペッパーも、よくある「ラ・プランテーション」のものではなく、もう一つのコショウ生産団体「FARMLINK」のもの。
これは、現地の小さな農家の人々がコショウを生産できるよう教育し、大企業に搾取されることなく農家に直接還元できるよう、独自に栽培の普及・教育支援事業を行う団体。大企業ではなく小さな農家を支援していきたい、と言うポリシーからこのブランドが選ばれたそうです。
DSC_3471.jpg
手作りのバックパックも!すごくオシャレでKAWAII!!
DSC_3494.jpg
商品一つ一つのチョイスのセンスもさることながら・・・驚くべきは、このおみやげ屋、安いのです
プノンペンのイオンで買うと4ドルほどかかるハンドメイド石鹸が、1.75ドル。
DSC_3469.jpg
ちなみにオーガニックのジャムは3.5ドル。スーパーで買うより安いかも。
DSC_3466.jpg
仕入れに仲介業者を通さず、直接生産者から買い付けを行っているため、ここまで安く出来るのだとか。

オーナーのポリシーは、「利益を極力カンボジアの人々に還元する」こと。

「富裕層は、たくさんのお金を落としていってくれるけれど、それは大企業の高級ホテルであったり西洋人の経営するレストランであったりで、カンボジアの人に直接利益がいくわけじゃない。むしろカンボジアの人々は、安い賃金で搾取される立場にある。だからこそ、私のホテルは、カンボジアの人々を支援できるような事業としてやっていきたい。」とのこと。

お土産屋の次は、客室棟を見せてもらいました!DSC_3476.jpg
客室棟は二つの建物から成り、どの部屋でも自然光が満遍なく取り入れられる作りになっています。
DSC_3477.jpg
ここはラージ・ツインルーム。シングルベッドとダブルベッドが1つずつです。
DSC_3479.jpg DSC_3483.jpg
黄緑色の壁の効果もあるのか、部屋は非常に落ち着いた雰囲気。明るすぎず、暗すぎず。快適に過ごすには十分すぎるほど。
アメニティ関係はタオルにシャンプー、石鹸に歯ブラシと必要十分といった感じですが、
ドライヤーやポットなどが必要であればフロントに言えば貸してくれるそうです。

チェック柄の壁で彩られたオシャレな洗面所。
DSC_3480.jpg
トイレ・シャワーは別室ではありませんが、壁を隔てておりいずれも清潔感は抜群です。
DSC_3481.jpg
バルコニー前の集会スペース。ここで会議やプレゼンなどの行事を行えるとのこと。
DSC_3473.jpg

次は、スタンダードツインルーム。
DSC_3485.jpg ベッドの大きさ以外、ラージツインと大きな違いは無し。トイレや洗面所もほぼ同じです。
DSC_3487.jpg
今回は満室につき見られなかったものの、この他にダブルルーム、ファミリールームがあり、部屋が合計で18部屋あるとのこと。30人規模の団体の宿泊もでき、ボランティア団体がよく利用するそうです。

下の写真は、屋外の休憩スペース。ここで食事も可能です。
DSC_3475.jpg
ホテル内にレストランはありませんが、近隣にたくさんレストランがあり、4人以上の団体については出前も受け付けてくれるとか。

ホテルでは環境保護も重視しており、マイボトルの販売および水のリフィル販売を行なっています。マイボトルは2.75ドルから購入可能です。
DSC_3464.jpg DSC_3463.jpg
このホテルの素晴らしいところは、ところどころにオーナーの「地域貢献」へのこだわりが見えることです。
取り扱う商品や調度品はほとんどが輸入品ではなくカンボジア製、環境保護のためのマイボトル販売、
何より「カンボジアは素晴らしいところだよ!」と目を輝かせて語るオーナーの情熱。
これまで会ったどの外国人ホテル経営者よりも熱い想いを感じました。

ちなみにホテルの宿泊価格は1泊20ドル前後〜。このレベルのホテルにしてはかなり休めです。
これも、「富裕層でなく、カンボジアに興味を持った多くの人々が泊まりやすい価格帯」を重視したためとのこと。

とにかくオーナーの熱いEnthusiasmを感じるホテル。取材していた僕も思わず胸が熱くなりました。良質なお土産と心地よい滞在を求める方はぜひご利用を!!
DSC_3456.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大坂 知貴

カンボジア・カンポット特派員の大坂 知貴が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カンボジアカンボジア/カンポット特派員
名前:大坂 知貴

大坂 知貴

カンポット州観光局マーケティング担当。2018年1月よりカンボジア・カンポット州の観光振興施策に携わる。現在の業務内容は、州公式ウェブサイトにおける観光情報の記事執筆、学生向けの講演や日本人向けツアーの企画など。三度の飯より映画が好き。好きな映画は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「ロッキー」。いつかカンポットを舞台にした映画が出来て、世界中でヒットしたりしてくれたりしないかなあ、と願っている。 DISQUS ID @disqus_MHHj1uKVTZ

カンポット特派員トップにもどる

その他のカンボジアの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンポット特派員トップにもどる

トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > 【vol.17】豪華なお土産屋併設のコスパ高いホテル「Blue Buddha」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について