トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > ソルト・フィールドへ・・・広大な塩田を見に行こう!

カンボジアカンボジア/カンポット特派員ブログ

ソルト・フィールドへ・・・広大な塩田を見に行こう!

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月15日

カンポットの名物といえば・・・カンポットペッパーですが、
もう一つ、とても有名なものがあるんです。


それが、塩!


カンポットは、カンボジアでも屈指の塩の生産地なんです。
街の南部にはたくさんの塩田が広がっており、毎年1月から4月にかけて塩の収穫が行われます。

今日は、この「スラエ・オンバル(塩の村)」、通称ソルト・フィールドを訪ねてみます。

salt3.jpg
場所は、街の中心部から約3km、自転車で10分くらい。国道33号線を東へ進むと、広大な塩田が見えてきます。

salt4.jpg
ここで生産される塩「カンポット・ソルト」は、海水を引き上げて蒸発させる、昔ながらの天日製法によるもの。

salt5.jpg
現在、世界における食塩の多くは、「イオン交換法」という化学製法で作られています。
一度に大量の塩を精製できるためとても効率的なのですが、精製の過程で、海水に含まれるカリウムやカルシウムなどの栄養分が失われてしまうのです。

その点、この塩田で作られた塩は、天日製法により、海水の栄養分をそのままぎゅっと凝縮!栄養分を失うことなく結晶化されているのです。

salt6.jpg
↑視界いっぱいに広がる塩田。1月になると、塩田近くのバンガローに住みながら収穫を行うとのこと。

収穫を行う人々は、オフシーズン(5月〜12月)は漁業で生計を立てているそうです。

salt7.jpg
↑塩田の近くにはインフォメーションセンターが設置されており、塩をつくる過程や、収穫のための道具などを見学できます。

salt8.jpg
↑私が訪問した時は、粗塩(塩田から収穫したばかりの塩)からゴミや土を取り除く作業が行われていました。

salt9.jpg
↑今回は収穫の時期を過ぎてしまっていたため、収穫の様子は見られませんでしたが、職員のアイラケナさんから詳しく話を聞くことができました。
この塩田では三種類の塩が作られており、その中でも最も人気なのが「フルール・ド・ソル(塩の花)」と呼ばれるもの。非常に風味豊かなため、高カンポットのレストランや屋台で売られる淡水魚の塩焼きにもこの塩がよく使われているようです。

salt10.jpg
↑センター内ではお土産にカンポットソルトを購入可。一袋2ドルと大変リーズナブル!
私は「フルール・ド・ソル」を購入しました。野菜炒めの味付けなどに使っています。カンポットペッパーと組み合わせるとさらに風味豊かに!

収穫シーズンは1月-4月のみですが、インフォメーションセンターやお土産屋はシーズン外でも営業しています。
salt11.jpg
一面に広がる塩田は一見の価値あり!コショウ農園と合わせ見学してみるのもいいかもしれません。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大坂 知貴

カンボジア・カンポット特派員の大坂 知貴が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カンボジアカンボジア/カンポット特派員
名前:大坂 知貴

大坂 知貴

カンポット州観光局マーケティング担当。2018年1月よりカンボジア・カンポット州の観光振興施策に携わる。現在の業務内容は、州公式ウェブサイトにおける観光情報の記事執筆、学生向けの講演や日本人向けツアーの企画など。三度の飯より映画が好き。好きな映画は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「ロッキー」。いつかカンポットを舞台にした映画が出来て、世界中でヒットしたりしてくれたりしないかなあ、と願っている。 DISQUS ID @disqus_MHHj1uKVTZ

カンポット特派員トップにもどる

その他のカンボジアの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンポット特派員トップにもどる

トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > ソルト・フィールドへ・・・広大な塩田を見に行こう!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について