トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > 【はじめまして】ようこそ、自然と歴史あふれる街、カンポットへ

カンボジアカンボジア/カンポット特派員ブログ

【はじめまして】ようこそ、自然と歴史あふれる街、カンポットへ

カテゴリー:お知らせ / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2018年11月14日

kampot1.jpg


はじめまして。このたび「地球の歩き方」カンボジア/カンポット特派員を拝命いたしました、大坂知貴と申します。


日本のとある企業でサラリーマンをしておりましたが、2018年1月より一旦職場を離れ、遠いカンボジア・カンポット州へ。現在は州観光局のマーケティング部門で働いています。


これから私の住む街、カンポットの魅力をたくさん発信していきます。よろしくお願いします!


みなさん、カンポットを知っていますか?

↑場所は地図上だとこんな感じ。首都プノンペンから南西へ150km、車を3時間半ほどの距離に位置する、小洒落た雰囲気の静かな州です。人口642,818人(島根県くらい)、州面積4,873平方km(千葉県くらい)。


kampot3.jpg

↑名産品は、フランスの一流レストランでも使用されている最高級のコショウ「カンポットペッパー」と・・・・


kampot4.jpg

↑・・・・ドリアンです。


kampot5.JPG

↑街のシンボルは、中心部にそびえ立つドリアンの彫像。


kampot6.jpg

・・・・・・。
・・・あれ、今「いまいちパッとしないな」って思いました?
確かに、大都会のプノンペン、シハヌークビルや、巨大な遺跡をシェムリアップに比べると派手さには欠けるかもしれません。


カンポットには、大きな遺跡も、巨大な港湾も、高層ビルもありません。

kampot7.jpg

代わりにあるのは、雄大な自然や、フランス植民地時代の建築群。


kampot8.jpg

一見地味に見えますが、これがとても素晴らしいのです!


kampot9.jpg

↑一番の観光地・ボーコー山からは、広大な森林とタイランド湾を同時に見渡せ・・・・


kampot10.jpg

↑郊外のトラペアン・サンカエ村付近には、マングローブの林が立ち並びます。


kampot11.JPG

↑街にはフランス植民地時代の歴史建築が残っており、現在ユネスコ・世界遺産登録に向けた取組みが行われています。


kampot12.jpeg

↑そして何よりすばらしいのが・・・・夕陽。


kampot13.JPG

↑ボーコー山の向こうに沈むカンポットの夕陽は世界一すばらしい、そう自信を持って断言できます。


kampot14.jpg

前述の通り、確かに派手さには欠けますが、カンポットの街には、都会が失ってしまった大切なもの、ノスタルジーや自然の恵みが溢れている・・・そんな気がするのです。


kampot15.jpg

これからこのブログを通じて、皆さんにカンポットの魅力をたくさん紹介して行きたいと思います。


よろしくお願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大坂 知貴

カンボジア・カンポット特派員の大坂 知貴が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カンボジアカンボジア/カンポット特派員
名前:大坂 知貴

大坂 知貴

カンポット州観光局マーケティング担当。2018年1月よりカンボジア・カンポット州の観光振興施策に携わる。現在の業務内容は、州公式ウェブサイトにおける観光情報の記事執筆、学生向けの講演や日本人向けツアーの企画など。三度の飯より映画が好き。好きな映画は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「ロッキー」。いつかカンポットを舞台にした映画が出来て、世界中でヒットしたりしてくれたりしないかなあ、と願っている。 DISQUS ID @disqus_MHHj1uKVTZ

カンポット特派員トップにもどる

その他のカンボジアの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンポット特派員トップにもどる

トップ > アジア > カンボジア > カンポット特派員 > 【はじめまして】ようこそ、自然と歴史あふれる街、カンポットへ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について