トップ > アジア > カンボジア > コンポントム特派員 > #31 スクンのタランチュラはコンポントム産!?〜女性掘り師に会いに行ってみた・その2〜

カンボジアカンボジア/コンポントム特派員ブログ

#31 スクンのタランチュラはコンポントム産!?〜女性掘り師に会いに行ってみた・その2〜

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年7月 4日

コンポントムからこんにちは!

コンポントム特派員の舛屋彩子です。


さっそく、前稿#30 スクンのタランチュラはコンポントム産!?〜女性掘り師に会いに行ってきた・その1〜 の続きを。


前回は主に2月上旬に訪問した際の様子をお届けしたのですが、
今回は最新版(6月下旬)を。


前回は乾季の訪問且つ、蜘蛛たちの産卵期ということで
農家さん曰く、

「あまり数もいないし、大きさも大きくない。いるのは子供サイズばかり。」

とのことだったんです。



そして、

「次は5月〜6月に来たらいいよ!沢山いるよ〜〜」

なんて言っていたんですね。


今回、タイミングよく滑り込みで6月中の訪問が叶いました。


前回案内してくれたのはお母さんでしたが、
今回案内してくれたのはなんとその娘さんと、その従姉妹という可愛らしい二人。


あどけなさが残る少女たち、
ハンターするための武器(鍬)を片手に持ち、肩に乗せ
まるでRPGの主人公のような姿で畑に向かいます。
(かっこいい・・・!)


前回見せてもらった時に見たスイカ畑は田んぼになっており、

今回はまっすぐカシューナッツ農園へと向かいました。


まず、見せて頂いたのは前回見れなかったコオロギです。


一般的に我々が想像するサイズのコオロギは主に
養殖されていたり、畑にトラップを仕掛けるなどして捕獲しています。

が、今回は土の中にいるコオロギ。


私たちからしたらサソリなのかタランチュラなのか区別が付かない穴を容易く判別。


そして、掘る。


掘る女子.JPG



なんと驚くべきことに、穴の砂の盛り具合で
穴がどの方向に進んで掘られているか分かるんですって!!!


お母さんに習った経験知だとか。

明文化されずとも親から子に伝わっていく、彼らの暮らしのスキル、
素晴らしいです・・・!


「なかなかコオロギが出てこないときは、
穴に水を適量流し込むとあっぷあっぷしたコオロギがゆっくりと出てくるんだよ〜〜」

と同僚。


水投入.JPG



そして、
「喧嘩させるためによく捕まえて遊んでたよ〜。
 水を入れて15分くらい、コオロギが出てくるまで
 猫柳みたいな植物で周りを叩きながら遊んで、今か今かと待っていたんだ。」



彼の一言で、コンポントムの昔の自然豊かな情景が思い浮かびます。


水を流しすぎると、土砂のせいでコオロギが溺死してしまうらしいので
分量は注意です。


捕獲時のロギ氏を撮影するのを失念・・・
ペットボトルに入ってますが、こんな感じ。


ロギ.JPG



コオロギというより、バッタレベルの大きさ。


そしてお次はタランチュラ。


お母さんのように、一人が掘り進める。


そして、ある程度掘ったところで
絶妙なタイミングでもう一人が木の枝を一人に渡す。


枝パス.jpeg



小枝で穴を優しくほじほじすると・・・


出て来た!!!タランチュラ!!!


余裕の表情.JPG



そして手掴み。余裕の表情。
お母さんですら木の枝を使っていたというのに。


牙.JPG



牙部分、お分かりでしょうか?
ごっついですねぇ。

タランチュラは牙に毒があり、サソリに刺された場合によりも腫れる毒だとか。
小さい子供の場合は死に至ることもあるそうな・・・!


手掴みというだけでもこちらはハラハラ驚きだったのになんと、


牙取り.JPG



牙取りの儀式。(素手)


慣れた手つきで鍬の刃部分に牙を当て、
爪を押し当てて牙を切ります。(!)


これは前回見なかった神業!!!


少し危険なマジックを見ているよう。


取れた牙.JPG



この黒いのが取った牙部分。


じんわり見える液体が、なんと毒液。


毒液が体内にある時(脱牙前)は有毒で危ないモノらしいのですが
脱牙後にこのように出る毒は問題ないんだとか。(不思議・・・)


良薬口に苦しと言いますが、
薬にするときは牙は切らずにお湯に浸けるそう。

毒液部分が効果があるとのこと。
これもまた、不思議ですね・・・


タランチュラは基本的に1穴に1匹。


雨季から乾季に変わるとき、
卵を身ごもったとき、
そして1ヶ月に1回お引越しするそう。

一度お引越ししたら前の住処にはもう戻らない性質が。


しかし彼ら曰く、
いくら引越ししても見つけやすいのは変わらないんだとか。


理由はこれ。


巣穴.JPG



穴に張り付く蜘蛛の糸。

これは分かりやすい!!


前回ははっきりと見えませんでしたが
成虫ともなるとこのように入り口に蜘蛛の糸を張るのかもしれません。



そして、気になるオスとメスの見分け方も教えて頂きました。

丸くて大きく、足が短めなのがメス。
小さくて足が長めなのがオス。
(私にはよくわかりませんでしたが笑)


理由は聞きそびれたのですが、
雨季にはオスの方が見つけやすいんですって!
そして、オスの穴はまっすぐなんだとか。


寿命はオスもメスも変わらず。


大物.JPG



今回掘り当てたこのタランチュラ、
ものすごく大きいですが普段何を食べているのでしょうか?


聞いてみました。


「オンクローンやコオロギ、雨季だとミミズなんかも食べるよ〜〜」

と!

肉食なんですねぇ。さすがっす。


※オンクローン・・・アリの一種。赤茶色で大きい。
 酸味があるので、カンボジアではよく食されるアリ。卵も食べます。
 ちなみにその価格は米よりも高い。



そうこうしているうちに農作業帰りのお父さん登場。


お父さん.JPG



慣れた手つきでタランチュラを掴み、身体に這わせます。


後ろからね.JPG



掴み方のコツとしては、後ろから掴むのが良いそうですよ〜〜。


いやはや、今回は華麗な牙取り捌きを見せて頂きました。


コンポントムの昆虫文化、奥深いです。

暮らしに身近なタランチュラ。
コンポントムには暮らしの中に紛れ込んでいる面白さが沢山あります!


2稿に渡るタランチュラシリーズ、いかがでしたでしょうか〜?
今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました〜!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

舛屋 彩子

カンボジア・コンポントム特派員の舛屋 彩子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カンボジアカンボジア/コンポントム特派員
名前:舛屋 彩子

舛屋 彩子

秋田県秋田市出身。金融機関での勤務、南国フィジーでの生活を経て帰国後は観光案内所職員に。もっと海外で修行したい!という思いを捨て切れず模索していたところ、カンボジア・コンポントム州にご縁ができました。日本では3つのミスコンテストに参加経験があり、ミススプラナショナルジャパン2017秋田代表。2018年2月よりコンポントム州観光局に配属され、任地の人々の温かい人柄に助けられながら、間口広く活動中。 DISQUS ID @disqus_xdlHH2zeFh

コンポントム特派員トップにもどる

その他のカンボジアの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コンポントム特派員トップにもどる

トップ > アジア > カンボジア > コンポントム特派員 > #31 スクンのタランチュラはコンポントム産!?〜女性掘り師に会いに行ってみた・その2〜

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について