トップ > アジア > カンボジア > コンポントム特派員 > #22 コンポントムのコオロギ事情を追う・その3〜養殖コオロギ出荷前夜編〜

カンボジアカンボジア/コンポントム特派員ブログ

#22 コンポントムのコオロギ事情を追う・その3〜養殖コオロギ出荷前夜編〜

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 自然・風景 投稿日:2019年5月 8日

コンポントムからこんにちは!
コンポントム特派員の舛屋彩子です。


先日、機会がありまして
前回お邪魔したコオロギ農家さんに再び行って参りました。


訪問するや否や、何やら香ばしい香りが。


コオロギ調理中.JPG


なんとコオロギを調理しているではありませんか!


コオロギ炒め中.JPG


コブミカンの葉っぱの香りが爽やかです。

頂いてみると・・・


柔らか〜い!


そして止まらない。
無限系に分類されるでしょう。


コオロギ炒め完成.JPG



大人も子どもも、
皆んな大好き、コオロギ。
素敵な食文化です。

そして久しぶりの養殖桶へお邪魔。


前回対面したのは生後10日目の赤ちゃんコオロギ達でしたが・・・


ベイビー.JPG


この風呂敷のように絞られた袋の先端に存在する、
黒い点々・・・

生まれたてのBabyコオロギ達!!!

オープンするとこんな感じ。


灰とベイビー.JPG


小さいですが、その量に視覚的に圧倒されます。


ちなみに、黒い砂のようなものは灰。

コオロギは砂の中に卵を産む習性があり、
ここの農家さんは調理後に出る木炭の灰を再利用。

養殖桶にはサトウキビジュースの搾りかすが準備されています。
こちらはコオロギ達のベッドになるもの。


サトウキビ.JPG



コンポントムのコオロギ事情を追う・その2〜養殖コオロギ編〜参照


そして更に奥の養殖桶へ。


養殖桶2つ.JPG


ちなみにですが、
この養殖桶1つ作るのにかかるコストは$500-.


こちらの農家さんには3つの養殖桶があるので、
計$1,500-のハード面コストが掛かっている計算。




そして今回!なんとなんと!
出荷前夜(44日目)のAdultコオロギ達に会うことができました!


成虫桶.JPG


真昼間から、リンリンしてる〜〜〜!!!(大興奮)
優しい、なんとなく落ち着く鳴き声。


「夜も同じように鳴いているの?」と尋ねてみたところ、

『昼も夜も同じように、ずっと鳴いているよ〜』とのこと。

拡大して見てみましょう。


カボチャに貪りつく.JPG


コオロギ達が貪りついている黄色のもの、何だかお判りでしょうか??


正体は、カボチャ。


収穫前になると、餌をカボチャに変えていくんだそう。


『カボチャをあげるとね、
 今まで与えた餌の匂いとかがコオロギから消えるんだ。
 家に自生してる香草とかあげてるから。
 カボチャをあげると、デトックスになるんだよ〜』


と・・・!

(デトックス、というのは意訳ですが・・・
 いずれにしろ、コオロギの体内を綺麗にするんだとか)


 おもしろい!!!


今まで既に5キロのカボチャを与えたとのこと。


『鶏の餌もあげるけど、野菜の方が比率としては多いよ〜』

上手くバランスを取りながら与えているんですね。



通常、この養殖桶では1サイクルに50kgのコオロギが出荷できるようですが、
現在カンボジアは連日猛暑。
特に今年は暑い・・・!


気候はやはり養殖にも影響が出るらしく、
『今月の収穫量は40kgだね〜』とのことでした。


暑すぎても、寒すぎてもダメなんだとか。
1日に2〜3回、水を撒くそうです。


以前、このエリアには養殖農家が数件ありましたが、
餌をあげすぎてしまったり・・・全滅させてしまったり・・・
なかなか塩梅が難しいようなのです。


しかし!ここの農家さんは全滅させたことはないようです。

一口に養殖と言えども、
コオロギの声や小さな変化に日夜耳を傾けなければ成し得ないのですね。


写真の水が張られているお皿に、石が入っているのが見えますでしょうか??


成虫コオロギと水.JPG


「なんで石を入れているの??」

『コオロギが溺れないようにね!』


・・・優しさ!
(コオロギは水に弱いらしいです)


そして前回は見れなかった、
コオロギの卵が産み付けられた木箱を見せて頂きました。


コオロギ産卵箱.JPG


卵は暗くて湿った場所に保管しなければいけないのですが、
ちょっとばかり失礼して・・・


コオロギ卵.JPG


黄色の細長い卵が見えますでしょうか??


・・・私、初めて見ました!!!
感動!!



養殖1サイクル(45日)の中で、
それぞれの段階で面白い発見があるコオロギ養殖。


もしタイミングが合えば、
収穫の瞬間に立ち会いたいものです。


コンポントムのコオロギ事情、
奥深し・・・!


コンポントムのコオロギ事情その3、
いかがでしたでしょうか?



@関連過去記事はコチラ@


#15 コンポントムのコオロギ事情を追う・その1〜天然コオロギ編〜

#16 コンポントムのコオロギ事情を追う・その2〜養殖コオロギ編〜

#18 カエルの養殖場にいってきました!


ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました〜!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

舛屋 彩子

カンボジア・コンポントム特派員の舛屋 彩子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カンボジアカンボジア/コンポントム特派員
名前:舛屋 彩子

舛屋 彩子

秋田県秋田市出身。金融機関での勤務、南国フィジーでの生活を経て帰国後は観光案内所職員に。もっと海外で修行したい!という思いを捨て切れず模索していたところ、カンボジア・コンポントム州にご縁ができました。日本では3つのミスコンテストに参加経験があり、ミススプラナショナルジャパン2017秋田代表。2018年2月よりコンポントム州観光局に配属され、任地の人々の温かい人柄に助けられながら、間口広く活動中。 DISQUS ID @disqus_xdlHH2zeFh

コンポントム特派員トップにもどる

その他のカンボジアの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コンポントム特派員トップにもどる

トップ > アジア > カンボジア > コンポントム特派員 > #22 コンポントムのコオロギ事情を追う・その3〜養殖コオロギ出荷前夜編〜

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について