トップ > アジア > カンボジア > コンポントム特派員 > #18 カエルの養殖場に行ってきました!

カンボジアカンボジア/コンポントム特派員ブログ

#18 カエルの養殖場に行ってきました!

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年3月15日

コンポントムからこんにちは!

コンポントム特派員の舛屋彩子です。

コオロギに続きまして、今回も生き物ネタを。


「カエルの養殖場があるらしい」


そんな噂を同僚が聞きつけ、実地調査に行って参りました。


(背景は割愛しますが、現在観光局の動きとして
 ポテンシャルを持つ新たな観光資源を探し中なのです。
 私が生き物関係であまりにも興奮するからか、
 こういった情報を共有してくれるようになりました。笑)


場所はコンポントム市内から約50km離れたバライ地区。


カエル養殖場.JPG


コオロギ同様、個人単位で養殖を行なっています。
一見、養殖場だとは気づきません。


ビニールシート.JPG


プラスチックのシートを開けると、、、


オス次世代.JPG


想像していたよりも数倍の大きさのカエル(大)!!!

アマガエルくらいの、小さなものを想像していた私は
まずその大きさに魂消る。

一番最初に対面したカエル達は、次世代のためにキープしておくカエル達(オス)、と、オーナーさん。
その数、なんと500匹・・・!


空とおたまじゃくし.JPG


このようなスペースが計4つほど(一つは空っぽ、二つ目はおたまじゃくし、三つ目はメス、四つ目はオス)あり、
オスとメスは分けられています。(写真参照)


こちらはメス。

メス.JPG


繁殖のときのみ、オスとメスを写真のような空っぽのスペースに移動させます。

一匹のオスに対して一匹のメスが交尾。
一晩のメイクラヴの後、卵を産みます。

(ちなみに、一匹あたりの卵の量は「多すぎて不明」とのこと。そうですよね・・・。)
その後、それぞれ元のスペースに戻されます。


孵化したおたまじゃくし達。

小さい頃、よく捕まえていたなぁ・・・


おたまじゃくし.JPG


カエル一匹の持つ繁殖力に驚いたオーナーさんのコメントがこちら。
「あれ(1つのスペース)がカエル5匹から生まれたカエル達だよ〜〜」
・・・その量、なんと700〜800匹。


IMG_0619.JPG


カエル達の餌は、魚用の餌(とうもろこしベース)。


オスは1日0.5kg、メスは1日1kgもの餌を食すそう・・・!
カエル界では女性の方がより食べるんですね。

養殖のサイクルは3ヶ月。
なので、年に4サイクルの養殖。

1キロあたりの価格は$3-.
なんとコオロギとほぼ同額。


オーナーさん.JPG


オーナーさんはプノンペンで養殖技術を学び、
昨年から養殖業を始められました。

販売先は現在はプノンペンのみ。
残念ながらコンポントムには卸してない模様。
調理方法としては炒め物やフライがメジャー。

プノンペンのオリンピックマーケットの近くには、
「ボボー(お粥)コンカエプ(カエル)」(カエル粥)を食せる場所があり、美味と評判とのこと。
(気になる・・・)


バッタンバン州(コウモリ観光で有名)のコウモリ粥のお話を思い出しました。
(実食したことはありませんが、経験者によると美味しいらしいです)


カエル達を見つめていて、素朴な疑問が。


Q「オスとメスはどうやって見分けるの??」

A「カエルが鳴く時、首の部分にボールのようなものがあると確認できるものがオス。ないのがメスだよ。」

面白い!!!
職人眼ですね。素晴らしい・・・!

生き物について学ぶことがこんなに面白いなんて。
小学生の頃に戻った気分です。


こういう心、大事にして行かないと、と
いつも学ぶたびに考えさせられます。

コンポントムの食用生き物事情・カエル編、
いかがでしたでしょうか?


今後もこのような癖の強いネタからメジャーなネタまで
幅広く紹介していきますね。


最後までお読み頂き、ありがとうございました!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

舛屋 彩子

カンボジア・コンポントム特派員の舛屋 彩子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カンボジアカンボジア/コンポントム特派員
名前:舛屋 彩子

舛屋 彩子

秋田県秋田市出身。金融機関での勤務、南国フィジーでの生活を経て帰国後は観光案内所職員に。もっと海外で修行したい!という思いを捨て切れず模索していたところ、カンボジア・コンポントム州にご縁ができました。日本では3つのミスコンテストに参加経験があり、ミススプラナショナルジャパン2017秋田代表。2018年2月よりコンポントム州観光局に配属され、任地の人々の温かい人柄に助けられながら、間口広く活動中。 DISQUS ID @disqus_xdlHH2zeFh

コンポントム特派員トップにもどる

その他のカンボジアの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コンポントム特派員トップにもどる

トップ > アジア > カンボジア > コンポントム特派員 > #18 カエルの養殖場に行ってきました!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について