トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > 南アフリカからの退避便、最近の状況

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ

南アフリカからの退避便、最近の状況

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年7月29日

2007_flight01.jpg


ロックダウンの規制によって南アフリカでは2020年3月末から、国際線の離発着が一部例外を除いて原則禁止されています。数少ない例外のひとつが外国籍の在留者が南アから脱出するためのフライト、いわゆる退避便です。


ロックダウン開始から間もない4月の時点では、新型コロナが欧州でも猛威をふるっていたという事情もあって、退避便の選択肢は非常に限られていました。


日本行きの退避便が初めて運行されたのは、4月後半のことです。南ア日本商工会議所と南ア日本人会が中心となって手配した、エチオピア航空のフライトでした。


現在では、欧州の落ち着きとともに退避便の選択肢は着実に増えています。南ア在住者に対しては在南ア日本大使館 から、最新のフライト情報と申込方法、注意事項を書いたメールマガジン「新型コロナウイルス(帰還臨時便情報)」の配信があり、最新情報を得ています(下は7月28日時点の情報)。


2007_flight02.png


それにしても、ロックダウンがここまでの長期戦になるとは。南ア人、在住者に共通する気持ちです。


先が見えない状況が続きますが、今週に入り「新規感染者数のピークを迎えた」「8月後半に死者数のピークを迎える」というポジティブな見通しが聞かれるようになりました。


一方で、「東ケープ州の医療現場崩壊は壊滅的(個人的にとても気になっています)」「次のホットスポットはKZN州」「この状況下で8月後半に医療従事者が全国一斉ストライキを計画」のような、不安をかき立てるような情報も耳に入ります。


日本人である私は退避便に乗ることはできますが、一度離れてしまうと今度は南アに戻ってこられないリスクがあり、判断に悩みます。いざというときの帰国手段があることを心の支えとして、春の訪れまで、今しばらくの辛抱です。


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカの最新情報はこちら!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

竹内 千尋

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員の竹内 千尋が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員
名前:竹内 千尋

竹内 千尋

南アとの関わりは学生時代の東ケープ州での調査から。年に数回行き来する生活を経て、ついに南アに根を張ることになりました。ワインとクラフトビールのレベル向上にビックリ。長期休暇には家族とキャンプ、トレッキング。マラソンにも挑戦中。Fujifilm XE-1を愛用。横浜出身。1983年生まれ。 DISQUS ID @chihirotakeuchi

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

その他の南アフリカの特派員

ヨハネスブルグを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > 南アフリカからの退避便、最近の状況

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について