トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > 南アフリカの21日間ロックダウン(外出禁止)、初の週末を終えて

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ

南アフリカの21日間ロックダウン(外出禁止)、初の週末を終えて

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年3月30日


新型コロナウイスルの感染者数増加が著しい南アフリカでは現在、21日間(2020年3月26日〜4月16日)のナショナル・ロックダウン(全国での外出禁止)が行われています。


南ア政府によるナショナル・ロックダウンは、食料品や医薬品などの生活必需品調達、通院、Social grant(社会給付金)以外の外出を禁じるという厳しいものです。


ロックダウンが始まり、3日が経過しました。ジョギングや犬の散歩も禁止されているため、私が見た町の様子を直接お伝えすることはできませんが、現地メディアの報道を紹介する形で現状をご報告します。


私は、このままだとロックダウンが崩壊するのではないか、という不安感があります。



ロックダウン初日、ヨハネスブルグ最古のタウンシップAlexandraは普段と変わらぬ人出。「やった、俺テレビ写ってるぜ!」と喜んでカメラの前で踊り出す子どもたち。



3日目の今日になっても状況は変わりませんでした。



Hillbrowも、



Diepslootも日用品の買い出しに訪れる人で人だかりができています。


「外出禁止にしようにも、そもそも掘っ立て小屋に5人家族住まいだから不可能だ」

「昨日、給料がやっと支払われたから今日しか買い出しができない」

「露天の仕事を止めたら収入がゼロになる。誰が保証してくれるんだ?」

「飛行機の中を見たことすらない。新型コロナウイルスは金持ちのためのものだ、俺には関係ない」


今からすべての南ア国民にロックダウンできる住環境と資金を手当するなんて、とてもじゃないけどムリ。民主化から25年以上も放置されてきた格差が、新型コロナウイルスとの闘いの大きな壁となって立ちはだかっています。


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカの最新情報はこちら!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

竹内 千尋

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員の竹内 千尋が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員
名前:竹内 千尋

竹内 千尋

南アとの関わりは学生時代の東ケープ州での調査から。年に数回行き来する生活を経て、ついに南アに根を張ることになりました。ワインとクラフトビールのレベル向上にビックリ。長期休暇には家族とキャンプ、トレッキング。マラソンにも挑戦中。Fujifilm XE-1を愛用。横浜出身。1983年生まれ。 DISQUS ID @chihirotakeuchi

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

その他の南アフリカの特派員

ヨハネスブルグを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > 南アフリカの21日間ロックダウン(外出禁止)、初の週末を終えて

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について