トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > ケープタウンでも新型コロナウイルス不況:中国人観光客が90%近く落ち込む

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ

ケープタウンでも新型コロナウイルス不況:中国人観光客が90%近く落ち込む

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年3月18日

2003_CPT01.jpg


2020年の1月某日、好天のCape Town。友人家族のリクエストで喜望峰へ車を走らせました。


前日気持ちよくグラスを空けたせいか、朝一番に出発するはずが揃って朝寝坊。Cape Point National Park の入口で多少の順番待ちは覚悟していましたが、どうも様子が変です。


これはやはり......。


2003_CPT02.jpg


さらに車を進めてCape Pointの駐車場に到着しましたが、こちらもやはりガランとしています。「新型コロナウイルスの影響なの?」と近くにいた認定ガイドの方に聞くと、まさにその通りで、中国人観光客の足が完全に止まっているとのこと。


観光に限らずビジネス目的での訪問も減少していて、この時期の混雑具合は例年に比べて7〜8割と聞きました。


2003_CPT04.jpg


Cape Point〜喜望峰〜Simon's Town(ボルダーズビーチ)と立ち寄るなかで、今までは必ず遭遇していた中国人団体観光客との遭遇はゼロ。


2003_CPT03.jpg


いや、中国人に限らずアジア系の観光客が極端に少ない印象でした。代わりに目についたのが、非英語圏ヨーロッパからと思われる観光客の姿です。フランス語やドイツ語を多く耳にしたような気がします。


新型コロナウイルスが本格的に全世界に広がる前の1月でこの状況、今は一体どうなっていることやら......と思っていたら、Cape Townの観光協会が統計を発表


5月末までのCape Town各種予約は対前年比マイナス10%に留まっているようです。一方で、中国からの観光客は対前年比マイナス87%と大幅な落ち込みを見せているとのこと、1月のCape Townで感じた肌感覚は間違っていなかったんだ、と実感しました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカの最新情報はこちら!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

竹内 千尋

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員の竹内 千尋が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員
名前:竹内 千尋

竹内 千尋

南アとの関わりは学生時代の東ケープ州での調査から。年に数回行き来する生活を経て、ついに南アに根を張ることになりました。ワインとクラフトビールのレベル向上にビックリ。長期休暇には家族とキャンプ、トレッキング。マラソンにも挑戦中。Fujifilm XE-1を愛用。横浜出身。1983年生まれ。 DISQUS ID @chihirotakeuchi

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

その他の南アフリカの特派員

ヨハネスブルグを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > ケープタウンでも新型コロナウイルス不況:中国人観光客が90%近く落ち込む

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について