トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > ヨハネスブルグのAlexandraタウンシップで初の感染者発覚、拡散に懸念

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ

ヨハネスブルグのAlexandraタウンシップで初の感染者発覚、拡散に懸念

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年3月31日


南アフリカでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の対応で2020年3月26日から4月16日まで21日間のナショナル・ロックダウン(全国での外出禁止)が行われています。


自主隔離が可能な富裕層、中所得層での感染はともかく、低所得層に感染が拡大すると国家の危機だ......といわれてきたところ、ケープタウンとヨハネスブルグのタウンシップ(旧黒人居住区)で相次いで新型コロナウイルスへの感染者が確認されました。


先んじたのはケープタウンのKhayelishaで、2020年3月29日に新型コロナウイルスの感染者が確認されました。


KHAYELITSHA BECOMES FIRST W CAPE TOWNSHIP TO CONFIRM COVID-19 CASE

https://ewn.co.za/2020/03/29/khayelitsha-becomes-first-w-cape-township-to-confirm-covid-19-case


その24時間後に、ヨハネスブルグでもっとも裕福なSandtonに隣接するAlexandraで初の感染者が確認されました。


Confirmed: Patient in Alexandra township tests positive for coronavirus

https://www.thesouthafrican.com/news/coronavirus-in-alexandra-township-how-many-cases-deaths/


これらタウンシップでの住環境は非常に悪く、6畳ほどの空間に4人以上の家族が身を寄せる光景は日常茶飯事、政府が呼びかけるSocial distancingが虚しく響きます。


まだ2週間以上続く南アのナショナル・ロックダウン。果たして南ア国民は踏ん張りきれるでしょうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

南アフリカの最新情報はこちら!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

竹内 千尋

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員の竹内 千尋が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

南アフリカ南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員
名前:竹内 千尋

竹内 千尋

南アとの関わりは学生時代の東ケープ州での調査から。年に数回行き来する生活を経て、ついに南アに根を張ることになりました。ワインとクラフトビールのレベル向上にビックリ。長期休暇には家族とキャンプ、トレッキング。マラソンにも挑戦中。Fujifilm XE-1を愛用。横浜出身。1983年生まれ。 DISQUS ID @chihirotakeuchi

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

その他の南アフリカの特派員

ヨハネスブルグを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヨハネスブルグ特派員トップにもどる

トップ > アフリカ > 南アフリカ > ヨハネスブルグ特派員 > ヨハネスブルグのAlexandraタウンシップで初の感染者発覚、拡散に懸念

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について