トップ > 日本 > 伊豆・静岡特派員 > 歴史の町、下田を訪ねて

日本国内日本国内/伊豆・静岡特派員ブログ

歴史の町、下田を訪ねて

カテゴリー: 投稿日:2020年9月30日

こんにちは。
今回のブログは矢田部が担当させていただきます。

幕末の時代、黒船の来訪とともに開国の舞台となった下田港。
下田市内を散策すると、なまこ壁の建物や、歴史を感じさせる史跡や記念碑があります。
今回は、下田駅から車で約5分(徒歩約30分)、須崎半島の入口「弁天島」と「玉泉寺」を紹介します。

IMG_11891.jpg
▲弁天島:吉田松陰が、弟子の金子重輔とともに、下田湾に停泊中のペリー艦隊へ密航を試みた場所です。
IMG_11901.jpg
IMG_11951.jpg
▲階段を上ると弁天社祠があり、吉田松陰と金子重輔は、この中で仮眠して黒船に乗り込む機会をうかがっていたとのことです。建物は当時から立て直しされています。
IMG_11961.jpg
▲弁天社祠の横には巨木がありました。パワーを感じませんか!?
IMG_12001.jpg
▲荒々しい岩の隙間にすっぽりと建物が収まっているように見えます。
IMG_12021.jpg
IMG_12041.jpg
▲弁天島の斜交層理
しましまの模様は数百万年前に海底火山から噴出した火山灰や軽石が波や海流によって運ばれてきた地層です。自然が作り出した芸術ですね!
よく見ると、砂が固まったように見えます。貝殻も交じっていますね。
周辺の斜交層理は静岡県の天然記念物にも指定されています。
IMG_12061.jpg
▲少し進むと、埋め立てられた公園があります。
公園の入口には、下田踏海の絵があり、嵐の夜に小船を漕ぎ出す様子が描かれています。
IMG_12081.jpg
▲公園には、吉田松陰と金子重輔の銅像があります。
下田港の黒船に向かって指を指している様子です。

IMG_12171.jpg
▲弁天島の道路向かいにある「玉泉寺(ぎょくせんじ)」
IMG_12181.jpg
IMG_12191.jpg
IMG_12241.jpg
▲ハリスが初の領事館を開いたお寺が玉泉寺です。
境内には、初代総領事館タウンゼント・ハリスの記念館(有料)があり、遺品や当時の記録など貴重な歴史の資料が陳列されています。
ハリスに仕えた「お吉」の黒船哀話もここで生まれた様子。
IMG_12231.jpg
▲乳牛の碑:日本で初めて「牛乳」が伝えられた場所としても有名ですね。

IMG_12251.jpg
▲帰りに階段を下りていると、正面の壁に「つるし飾り」の看板があります。
IMG_12261.jpg
▲見学は自由(無料)で展示・販売を行っています。
IMG_12281.jpg
▲そのなかでも目を引くのは「桜子ちゃん」という小さい人形♪
オリジナルで洗濯ばさみになっているとのこと。
店主の話では、一番人気でリピーターも多く訪れるそうです。
1個500円!!! 安い!
思わずおみやげに買いました\(^o^)/
ぜひ、立ち寄ってみてください。

次回は、下田市内を散策してこようかな♪

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

休暇村南伊豆

日本国内・旧伊豆・静岡特派員の休暇村南伊豆が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/旧伊豆・静岡特派員
名前:休暇村南伊豆

休暇村南伊豆

伊豆・静岡特派員トップにもどる


静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

伊豆・静岡特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 伊豆・静岡特派員 > 歴史の町、下田を訪ねて

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について