トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.54〉番外編『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』アンカレッジ編

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員ブログ

No.54〉番外編『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』アンカレッジ編

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年11月20日

アラスカ・ゴールドラッシュ紀行〉最終回は、アンカレッジ(Anchorage)をご紹介します。


ACR.jpg


アラスカ州の最大都市であるアンカレッジは、20世紀初頭から、アラスカ鉄道の拠点として繁栄しました。冷戦時代には、ソビエト連邦(現ロシア)上空を飛行できなかったため、日本―ヨーロッパ間の経由地となりました。かつて、劇団ひとりさんが両親(父がパイロット、母が客室乗務員)の赴任先であるこの街に住んでいたそうですが、納得。


午後8時すぎに、アラスカ鉄道の終点・アンカレッジ駅に到着しました。荷物を受け取り、宿泊先のB&B(ベッド&ブレックファースト / 朝食つきの宿)「ワイルドフラワーイン(A Wildflower Inn)」へ。


ACR3.jpg

▲バス停とスーパーマーケットが目の前にあり、便利。


花に彩られた、赤と白のキュートなこの宿は、20世紀半ばに建てられたコロニアル・スタイルの歴史的建造物です。大通りに面しており、朝のラッシュ時には少し騒がしいですが、夜はとても静か。フレンドリーなオーナーが、カラフルな朝食をサーブしてくれました♡


散歩しながらダウンタウンへ。おみやげ屋さんの連なるメイン通り・4番通り(4th Avenue)へ行きました。


ACR2.jpg

▲(右下)トナカイのソーセージを売る屋台。


こちらは改装中の「アラスカセンター(Alaska Public Lands Information Center)」。アラスカの歴史や文化、自然に関する展示物や映画を見ることができます。無料のウォーキングツアー(夏期のみ)に参加することも。


ACR4.jpg

▲手荷物検査があり、「ウル」の持ち込みはできないので注意。


向かいにあるビジターセンターから、トラムに乗って「ウルファクトリー(Ulu Factory)」を訪ねました。


ACR6.jpg

▲(左下)6月~8月には、無料の送迎トラムが走っている。


ACR7.jpg
「ウル」とは、アラスカ先住民のナイフで、料理から針仕事まで幅広く利用されていました。店内からガラス越しに工場見学ができます。


ACR5.jpg

▲9月ごろ、店の裏にあるシップクリーク(Ship Creek)では、鮭の遡上が見られる。


サイモン アンド シーフォート・バー&グリル(Simon and Seafort's Saloon & Grill)」で最後の晩餐を。アンカレッジ・デイリーニュース紙(Anchorage Daily News)で、「ベスト・シーフード」と「最もロマンティックなレストラン」を受賞した老舗です。


夕方5時に行ったのですが、オーシャンビューの席は、すでに満席。しかし、少し高くなっている後方の席から、海が望めました。


ACR1.jpg

▲(右上)アラスカサーモンのカルパッチョ(Wild Alaska Salmon Carpaccio / $12.95)
▲(右下)生ガキの盛りあわせ(Fresh Oysters on the half shell) / $14.95


夏に水揚げされる「ノートンサウンド・アラスカン・タラバガニ(Norton Sound Alaskan Red King Crab Legs / 46.95ドル)」は、甘みのある新鮮なカニをアツアツのバターソースで。個人的には、しょう油が欲しいところです(笑)


日本からアラスカ(フェアバンクス)へ直行便がでているので、クリスマスをオーロラの下で迎えてみては。幻想的でロマンティックな夜になること間違いなしです♪ 


次回は、アメリカのスープをご紹介します。どうぞ、お楽しみに☆


(※価格は、2014年7月現在です)




ACR8.jpg
☆今日の一首☆
気になっている人のそばにちかづいてしまって茹でたてのアブラガニ


◇アクセス情報◇

A Wildflower Inn
 住所: 1239 I Street, Anchorage, Alaska
 電話: 877-693-1239
 HP: alaska -wildflower-inn.com


Alaska Public Lands Information Center
 住所:605 West 4th Avenue, Anchorage, Alaska
 電話:907-644-3661
 HP: alaskacenters.gov
 入館料:無料
 営業時間:(冬季)10:00~17:00 (夏季)9:00~17:00


ULU Factory
 住所: 211 West Ship Creek Avenue, Anchorage, Alaska
 電話: 1-800-478-3119
 HP: theulufactory.com


Simon and Seafort's Saloon & Grill
 住所: 420 L Street, Anchorage, Alaska
 電話: 907-274-3502
 HP: simonandseaforts.com
 営業時間:
 (レストラン)
  月~木曜日11:00~14:30、16:30~21:30 / 金曜日11:00~14:30、16:30~22:00
  土曜日10:00~14:30、16:30~22:00 / 日曜日10:00~14:30、16:30~21:30

 (バー)
  日~木曜日11:00~22:00 / 金、土曜日10:00~23:00


◎あわせて読みたい関連情報◎
・番外編 『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』フェアバンクス編
・番外編 『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』砂金採りキャンプツアー編
・番外編 『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』チキン編
・番外編 『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』アラスカ鉄道編
・番外編 『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』デナリ国立公園編

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ザーカー 久美子

アメリカ・ヒューストン特派員のザーカー 久美子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員
名前:ザーカー 久美子

ザーカー 久美子

ヒューストン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ヒューストン(テキサス)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒューストン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.54〉番外編『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』アンカレッジ編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について