トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.48〉番外編『 アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』チキン編

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員ブログ

No.48〉番外編『 アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』チキン編

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年10月 9日

アラスカ・ゴールドラッシュ紀行〉第3回目は、カナダとの国境に近い小さな村・チキン(Chicken)をご紹介します。


CKN.jpg


ユーコン川(Yukon River)流域のクロンダイク(Klondike) がゴールドラッシュに沸く10年前の1886年。フランクリン川(Franklin Creek)で金が発見され、村は金鉱夫たちにより整備されていきました。


彼らは村の名前を決めるとき、この地域でたくさん見られることから「Ptarmigan(雷鳥)」と名づけたかったのですが、スペルが難しいという理由で、雷鳥と大きさの似ているチキン(Chicken / ニワトリ)が選ばれました。大らかな名づけ方ですね(笑) 


最盛期には400人ほどが暮らしていましたが、産出量が少なくなった現在、村の人口は、夏は40~50人、冬は10人以下となっています。


CKN7.jpg

▲ちなみに、アラスカの州鳥は雷鳥。


村のシンボルのひとつがこちらのチキンクリーク酒場(Chicken Creek Saloon)


CKN6.jpg


世界各地の帽子がぶらさがるカントリースタイルのバーで、アラスカの地ビールが楽しめます。ハンバーガーは、砂金採りに使うパンニング皿(Gold Pan)でサーブされました。さすが、金の産地!  


CKN5.jpg


もうひとつのシンボルがこちらのペドロ・ドレッジ(Pedro Dredge)


CKN1.jpg


1958年からの10年間で、55000オンス(約1760kg)以上の金を産出しました。現役を引退した機械には、巣ができており、「天空の城ラピュタ」を彷彿とさせます。


CKN2.jpg


そのドレッジの近くにある「チキン・ゴールドキャンプ場(Chicken Gold Camp & Outpost)」のキャビンに宿泊しました。トイレとシャワーは共同。電気がないのですが、白夜なので真夜中でも問題ありませんでした。


CKN3.jpg

▲無料のワイヤレス・インターネットと接続ができる。メールをチェックするくらいならOK。


【vol.46】でご紹介した『砂金採りツアー』の主催者が経営する、金の採掘場を見学しました。わたしたち夫婦の好きなテレビ番組に、アラスカの荒野に眠る金を採掘する「Gold Rush(邦題 / ゴールド・ラッシュ~人生最後の一攫千金~)」(ディスカバリーチャンネル)があるのですが、採掘場はまさしくその舞台そのもの! 大型重機で地中にある金を掘りおこしていきます。


CKN8.jpg


重機に乗せてもらったのですが、3階だてほどの高さがありました。意のままに操れるようになったらカッコイイだろうな~♪


次回は、アラスカ鉄道をご紹介します。どうぞ、お楽しみに☆



CKN4.jpg
☆今日の一首☆
雷鳥は氷河時代を生き抜いて二十一世紀の空を駆る




♪お役立ちウェブサイト♪

Chicken Gold Camp & Outpost     chickengold.com



◎あわせて読みたい関連情報◎
・番外編『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』フェアバンクス編
・番外編『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』砂金採りキャンプツアー編

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ザーカー 久美子

アメリカ・ヒューストン特派員のザーカー 久美子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員
名前:ザーカー 久美子

ザーカー 久美子

ヒューストン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ヒューストン(テキサス)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒューストン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.48〉番外編『 アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』チキン編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について