トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.51〉【実食】日本生まれ、アメリカ育ちのカップめん(ラーメンと焼きそば)を食べてみた。

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員ブログ

No.51〉【実食】日本生まれ、アメリカ育ちのカップめん(ラーメンと焼きそば)を食べてみた。

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2014年10月30日

今回は、アメリカのカップめん事情をお伝えします。


CN.jpg


たいていのアメリア系スーパーマーケットにあるインスタント&カップめんコーナー。棚の90%を占めているのが、なんと「日清(Nissin Foods)」と「マルちゃん(Maruchan)」の製品です。


CN1.jpg


今日は、日清の「スーパーボウル(Souper Bowl)」とマルちゃんの「ヤキソバ(Yakisoba)」をご紹介します。


まずは、ラーメンから。
1958年、インスタントラーメンの発明者で、日清食品の創業者・安藤百福は、「チキンラーメン」の販売を開始。1972年には、カリフォルニア州ガーデナ(Gardena)から、全米に向けてカップめんの販売を始めました。


CN2.jpg

▲スープ(Soup)とスーパー(Super / 超)、さらに、アメリカのプロ・フットボールの王座決定戦(Super Bowl)を掛けあわせたと思われるネーミング。 


販売開始から今年で10周年を迎える「スーパーボウル」。5種類のフレーバーから、スパイシー・エビ味(Picante Shrimp / 78セント)を実食!


CN3.jpg


スープとかやく(具材)と水を入れ、電子レンジで4分半。待つこと2分。完成♪


CN4.jpg


スープは、コンソメ&シーフードの味わいで、思ったよりも辛くありませんでした。ランチに、満足の大きさです☆


次は、焼きそばです。
「チキンラーメン」の販売から3年後、「マルちゃん」でおなじみの東洋水産は、カップめんの販売をスタート。1978年、カリフォルニア州アーバイン(Irvine)から、全米へカップめんが出荷されました。


CN5.jpg


「ヤキソバ(50セント)」も、今年で10年を迎える人気商品で、12種類ものバリエーションがあります。塩味やソース味がなく、チーズ味が3種類もあるところが、アメリカならでは。


テリヤキビーフ味 / Teriyaki Beef
ビーフタコス味 / Beef Taco
チキン味 / Chicken
ローストチキン味 / Roast Chicken
甘酢チキン味 / Sweet & Sour Chicken
スパイシー・チキン味 / Spicy Chicken
チェダーチーズ味 / Cheddar Cheese
4種のチーズ味 / Four Cheese
ハラペーニョ・チェダーチーズ味 / Jalapeno Cheddar
醤油風味 / Savory Soy Source
エビ味 / With Shrimp
スパーシー・ベジタブル味 / Spicy Vegetable


ハラペーニョ・チェダーチーズ味を、いざ実食!


CN6.jpg

▲作り方の説明書きは、英語とスペイン語。


水を入れて、電子レンジで4分。待つこと1分。付属のスパイスをいれてまぜまぜ。できあがり♪


CN7.jpg


クリーミーなチェダーチーズが、ハラペーニョの辛さをマイルドにしています。麺は生麺のような味わいで、焼きそばというより、パスタに近い味でした。


アメリカに来た際には、ぜひお試しを☆


次回は、ヒューストンの航空ショーをお届けします。どうぞ、お楽しみに☆


※カップめんの価格は、店舗によって異なります。


(10月のお題「麺」)



CN8.jpg
☆今日の一首☆
高度10000メートル上空を飛行しているフィッシュもビーフも


♪お役立ちウェブサイト♪

Maruchan      maruchan.com
Nissin Foods     nissinfoods.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ザーカー 久美子

アメリカ・ヒューストン特派員のザーカー 久美子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員
名前:ザーカー 久美子

ザーカー 久美子

ヒューストン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ヒューストン(テキサス)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒューストン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.51〉【実食】日本生まれ、アメリカ育ちのカップめん(ラーメンと焼きそば)を食べてみた。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について